「この広い野原いっぱい」森山良子

このブログでは加藤登紀子や森山良子の歌が密かに盛り上がってるみたいですね(笑)。森山良子と言えばこの曲は外せないですよね、リクエストお願いします。

森山良子が高校生の時、たまたま訪れた銀座の画廊に置いてあったスケッチブックに書かれたこの詩に、30分ほどで曲をつけてしまったというエピソードが有名ですよね。

2 COMMENTS

🎼🎀🌈⛵️🌏〜❤️

良いですねー(^^)
コレぞ昭和のフォークソング❗️って感じがします。キャンプファイヤーを囲んでギター弾き語り〜皆んなの歌♪
昔のフォークソングは、歌詞とメロディーが分かり易い。何回か聴けば直ぐ歌えるところが良いです。😊

(歌詞)
この広い野原いっぱいさく花を
ひとつ残らず あなたにあげる
赤いリボンの 花束にして

この広い夜空いっぱいさく星を
ひとつ残らず あなたにあげる
虹にかがやく ガラスにつめて

この広い海いっぱいさく舟を
ひとつ残らず あなたにあげる
青い帆に イニシャルつけて

この広い世界中のなにもかも
ひとつ残らず あなたにあげる
だから私に 手紙を書いて
手紙を書いて。

甘酸っぱい思い出

中学生の時、大好きだった同級生が帰国しました。
この歌を歌いながら同級生に想いを馳せていました。
13年後偶然平壌で再会して、しばらく手紙の交換をしました。
人生っておもしろい‼️
元気にしてるかな…

現在コメントは受け付けておりません。