【お笑い】江頭2:50の時効だから話せる話

お笑い芸人の江頭2:50が、過去の北朝鮮訪問時の秘話を明かした。自身のユーチューブチャンネルで「時効だから」と語っている。

1回目の訪問は1999年。経由地の中国から北朝鮮に向かう機内での突然の合唱、到着後のバスガイドによる「世界一危険な国へようこそ」という第一声など、濃厚なネタが次々と飛び出てくる。

さらには江頭による「よど号ハイジャック事件の犯人に会いたい」という要望がまさかの実現。トルコで逮捕された話をしたところ、「君も革命家か」と共感され、後々危険と分かる話を引き出したエピソードも披露している。

2回目は2003年。目的は北朝鮮でライブをすることだったという。現地の学校での軽音楽部ライブ後にゲリラ出演を目指し、大衆律動体操(ラジオ体操)を練習。当日別ネタがNGを受けながらも大衆律動体操がOKをもらい、さらにはまさかの生バンドによる伴奏とともに披露したと明かした。

「学校生活体操」by 任兄弟 あの頃のお笑い『警察24時』
スポンサーリンク

2 COMMENTS

男はつらいよ

エガちゃんいいねー、俺らも小学校6年の時に姉さんが우리나라に귀국して、それから2回조국방문したけど最高に感動した、政治とか抜きに一芸がある人が訪問するとすごい国だと思うよ🙋‍♂️子供達二人も朝高の修学旅行で祖国訪問、平壌で姉さん家族と記念写真感動🥹

2:55

さすがの江頭でも、北で裸は無理だったね~😊
でも、「ウェイルカ?」の歌、ウケるね~😆 出汁が出ないって~💦
子供たちにあげたでんでん太鼓は、お尻に入れて遊ぶ方法は教えなかったのかな?
でも、持つところ臭くなっちゃうじゃん🤣 で、両手でこねくり回したら、手のひらが~💦 とんでもないことになるぅぅぅ

現在コメントは受け付けておりません。