介護のジカン―姑編④

あくる日、総合病院で検査をした。血圧は220、血糖値は400だった。その上、肝硬変を患っているという結果だった。

医師:金さん、気分悪くない?
姑:(ニコニコ)まったく気分悪くないわよ
医師:こんなに元気だなんて、信じられません
私:そんなに悪いんですか?
医師:いつ倒れてもおかしくないわね
私:えーーーーー!

姑:どうしたの? そんなに驚いて
私:なんでもないよ。ハンメ、体、何ともない?
姑:私は元気だよ
医師:確かに元気そうですね。血圧を下げる薬を出すので、しばらく様子を見ましょう。
私:それで大丈夫なんですか?
医師:人によっては、血圧が高い状態で安定してる人もいるのでね。そういう人は急激に下げないほうがいい
私:肝硬変のほうは?
医師:それも様子を見ましょう
ということで、この日は処方箋だけ出してもらって家路についた。

姑は家にいる時とは違って始終ニコニコ。夫の外面がいいのは姑の遺伝だとつくづく思う。