梅雨…。窓の外は雨

日本政府「トマホーク」の購入を検討 

北朝鮮が相次いで弾道ミサイルなどを発射する中、政府がアメリカ製の巡航ミサイル「トマホーク」の購入を検討していることがわかった。

巡航ミサイル トマホーク

自衛のために、敵のミサイル基地などの拠点を攻撃する「反撃能力」の保有に向けて、政府は、敵の射程圏外から攻撃できる「スタンド・オフ・ミサイル」を持つことを検討している。

ただ、国産の「スタンド・オフ・ミサイル」の開発・運用には数年間かかるため、当面の抑止力として、政府が、アメリカ製の巡航ミサイル「トマホーク」の購入を検討し、アメリカ側と交渉していることがわかった。

「トマホーク」は信頼性が高く、早期の配備が可能とみられ、今後、慎重に調整を進める見通し。

トマホーク 知られていない驚異の性能

2 COMMENTS

刀を持つなら、ペンを持てよ🤦‍♂️

くだらない~👀💦 実にくだらない🤦‍♂️
武器かってどうすんの? そんな大金有ったら、無償化を実現しろよっ👍
この無駄な武器を買って、一番得しているのは~ だ~れ?💦
実に 実に くだらない~😢

貧乏人根性

ミサイルだけで1発2億円。
システムだけで何億かかるんだろー。

現在コメントは受け付けておりません。