我流Sのビストロ料理★THEカレーパン

みんな大好き!カレーライス。2日目の残りもので“旨いカレーパン”を作ります!

【あん作り】カレーをフライパンで中火にかけ、ヘラでかき回しながら適度に水分を飛ばす。
パン粉を数回に分け少しずつ投入。(ペースト状手前位)隠し味に(私は)“焼きそばソース”を少し入れます。(酸味とコクがでる)タッパーに入れ粗熱を取る。冷めたら冷蔵庫で1時間位冷ます(寝かす。)

★【生地作り】中力粉300g、イースト菌6g、塩5g、砂糖20g、ぬるま湯200ccをボールに入れよく混ぜながら100回ほど捏ねる。次にボールの中で生地を畳みながら50回叩きつける。(ヒント!エンボス加工された使い捨て手袋をすると手にくっつかない)生地表面が滑らかになったら、ラップして30度のオーブンで(一次発酵)。大体2.5倍位膨らめばOK(75分間位※今の時期)
★次は生地を丸めて(1個60g)8等分に小分けする。15分位休ませてからあんをつつんで行く。はじめにカレーパン、ハムチーズパン、ポテサラパンの3種類。

【ポイント】包み方は画像参照。生地を閉じる場所(のりしろ)をあんで汚さない。油で揚げる時、生地が膨張しつなぎ目が破れて、餡が漏れ出てしまうので“確り閉じる”。

★【パン粉をまぶす】出来上がったパンを水に潜らせパン粉をまぶして、バットに並べる。30度のオーブンで、60分程度休ませると約1.5倍に膨らむ(二次発酵)。発酵が終わったらお好み焼き用のヘラを使って、パン生地を破かないよう注意しながら形を整えます。そして静かに油へ投入してください。

★【揚げる】油の温度は180度。油に投入するとパンが直ぐに浮いてくる!そして膨らんでくるのでお玉を使って膨らみすぎを押さえ込みながら形も整えてください。膨張が落ち着いたら、焼きムラ防止の為、お玉で油をまんべんなくパンにかけ続ける。4分で完成します!(他も同じ)
※8個の内ポテサラ1個だけ破裂!失敗してしまいました。原因は、ポテサラが緩すぎたため(水っぽかった)です。それでも味は最高に旨かった!

〇【店主のコメント】ハッキリ言います!この“THEカレーパン”目茶苦茶旨いです。ふっくら柔らかくほんのり甘~いパン生地と煮詰めて練り込んだカレーの組み合わせが絶品!併せて、ハム・チーズパンも食べてみてください。あなたの感動保証します。(^^)慣れないと、作るのが少し大変かも知れませんが、どうか諦めずに作ってみてください。(凄いので)

〇【完成後記】ここ数年、本当に旨いカレーパンが食べたくて様々な粉や配合で試し焼きする事、優に100回は軽く超えてます。何度作っても平凡なカレーパンしか出来なかったのですが、ある時試作途中にこの配合とやり方で、偶然(突然)出来たもので、余りの美味しさに自分でもビックリしております。(旨いものって偶然出来るんですよね。)

我流!ビストロ店主Sより

8 COMMENTS

인류학자

正に芸術ですね。ここのオーブンが少し違うので(温度はCではなく、F表示で、壁にbuilt-inされた大型のもの)、Googleで温度換算リサーチしてみます。記事を4、5回読んだので、手順はおぼえました。小麦粉も多分異なるので、できるかどうか。

因みに、ヒューストンではHMartにあるベトナム系フランスベーカリーのカレーパンが美味しいです。

S

학자さんへ、
芸術だなんて(^^)お恥ずかしい。でも旨いモノの対する情熱はありますけど。(笑)
【小麦粉について】
학자さんのお住まいの米国、カナダは美味しい小麦粉の産地!本場ですよ。手に入らないモノなど無い!(笑)今回使用した中力粉の栄養成分表示(100g当り)を記しますね。エネルギー:356kcal、タンパク質:9.4g、脂質:1.4g、炭水化物:76.5g、食塩相当量:0.0g(以上、推定値)※日本の小麦はほぼ米国、カナダ産。因みに、強力粉13%-14%、中力粉9.5%前後、薄力粉9.0以下ですので、タンパク質の量(g=%)を参考にそちらで探せばほぼ間違いないと思います。(参考まで)
【カレー餡について】
ご自身がいつも食べ慣れているカレーが、一番合う!一番美味しい!と思います。名店のカレーを購入してきて試すのも面白いですけれど。(^^)
★失敗しても、失敗しても諦めないで!その先に”感動の激旨!THEカレーパン”が待ってます。(笑)

M

Sさん、旨いものって偶然できるもんですよ!のキャッチフレーズですね。😊渋い〜かっこいい〜〜。👏👏焼きそばソースは!素晴らしい発見でしたね。カレーの辛さ、ソースの甘さ、野菜の旨味がブレンドされたのがカレーパンの美味しさに!なるほどね〜〜😊中力粉は万能ですね!勉強になるのが沢山あります。🤗 このレシピは保存しましたよ。ありがとうございます🙇‍♀️

S

Mさんへ、
コメントありがとうございます。(^^)
普通のカレーパンは、強力粉を使ってチャッチャッと簡単に作れるのですが(THEカレーパンの約半分程度の手間で)、だけど本当に旨いモノを追求して行ったら(果てしない旅路の果てに?)偶然、このレシピにたどり着いたんです。途中迷走しながら何度も難破しかけましたが(笑)★中力粉+水(高加水率)=少し緩いパン生地ですので扱いがやや面倒!素手だと直ぐ手にくっついちゃう。でも、この位の緩さ(手ごねの限界値辺り)を狙わないと、ふっくらとしたやわらかなパン生地にならないんです。(^^)従って、このパンは(自身を持って)本当に旨いですよ。(笑)

カレーパンマン

久しぶりにカレーパン作りました。文句無く最高に美味かった。(^^)
合わせて、ハムチーズ揚げパンとあんこ入り揚げパンも作りましたよ。自宅で作ってこのクオリティー!幸せな気分に浸れるひと時、いつか誰か?挑戦してみてね。結果報告(連絡)お待ちしてます。
Sより

ピロシキマン

★昨日作った、カレーパンとハムチーズの揚げパンの残り5個中2個を昼、レンチンして食べた。か、出来上がり直後のカリカリ感は、当然失われてフニャフニャに。。。これ何とかならないかな?元の美味しさに戻す方法無いかな?
2度揚げは、したくない。トースターで焼きなおしても、味は落ちるし。グリルは、焦げるだけ。どうするか?考えていたら、頭の中で突然閃いた。ロシアのピロシキ!

★午後3時のオヤツに、ピロシキ風揚げパンを作ろうと。揚げパン残り3個。ホットサンドメーカーで挟んで焼いてみる事にした。揚げパン1個を挟んでゆっくりと蓋を閉じてロック!火加減は弱火〜中火位。裏表90秒間程度焼いてから蓋を開けると、なんという事でしょう?!
いい感じの焦げ目とつぶれ加減が、まるでピロシキ?!見た目最高に旨そ〜。早速ひとかじりして見ると、これ美味い😋!外カリカリで中フワフワ、衝撃的な旨さ。とても残り物の揚げパンとは思えない。新たな発見でした。(^^)ご馳走様。

M

Sさん、カレーパンは去年の5月にパン教室で作りました。
最後、油で揚げないで1個のカレーパンに対して大1を常温で両面油をかけて180度10分焼きました。そのとき、思ったのはこのようなやり方もあるんだな〜と感動したのを覚えています。笑
勿論、160度で4〜5分揚げる方法もありますが。あっ、ドーナツは160度で揚げますけどね!笑

手作りパンはその日に食べるのは美味しいけど、次の日は、パンは美味しくないのは、よ〜くわかります。
カレーパンは食べるのは私ぐらいで誰も食べない。1個作るためにエネルギーを使うのはと思い、まだチャレンジしていません。😅
餡子は家族好きなので アンドーナッツチャレンジしたいですね!

PS 餃子研究に👏👏👏

私なんか、餃子食べたばっかりだから、食べたくなった時に皮作りを考えるタイプ。
流石、餃子の達人、これからもいろいろ、餃子について教えてくださいね!😊
감사합니다 。

ピロシキマン

Mさんへ
コメントありがとう。(^^)
★カレーパン、家はオモニが通常のカレーライス(何故か?食べ飽きたと。。。)嫌いなので、自分がカレーライス食べたくなると作ります。でも1食分だけなんて作れない。(笑)少なくても4,5食分なのでどうしてもカレー残っちゃう。だから2日目のカレーパン(笑)。今では、はじめからカレーパン作りを念頭に置いてカレーライス大盛り2食分除き、(残りは)その場でフライパンで水分飛ばしてカレーパン用餡として作って、冷蔵庫へ入れちゃう。効率よくなりました。(笑)2日目以降の揚げパンもホットサンドメーカー使えば(新たに)美味しくなることが解ったので、今後このやり方を詰めていきますね。もっと美味しくたべるには?(笑)食いしん坊に終わりは無い。。

★餃子の方は、今のところはじめのレシピで作ったものが一番美味しい!昨日の実験は、残念ながら惨敗でしたが、今日おでんを作りまして、餅とチーズ入巾着と一緒に”かん水入冷凍した餃子”も一緒に入れ煮込んであります。この食べ方は、どうかな?これから昼食。今日、夕方最後の実験(3日目)やります。昨日の失敗を改め、ラップを外しクッキングシートで空気を通すよう軽くくるんで冷蔵庫で寝かしてあります。今朝、触ったら少し水分飛んだみたい。どうなるかな?冷凍した餃子残り5個と合わせて最後の実験調理やりますね。お楽しみに。(^^)

現在コメントは受け付けておりません。