梅雨明けから本格的な夏へ

【おすすめ】この夏に食べたい韓国冷麺のうまい店

ネットサーフィンをしていたら、千葉と東京の冷麺好きが本気で選んだ「韓国冷麺のうまい店10選」が紹介されていた。この夏キンキンに冷えた冷麺やパンチの効いたビビン麺。あなたが食べたいお店や冷麺はありますか。

1.「ソルヌン」(京成稲毛)

2024年3月、千葉・稲毛にオープンした「ソルヌン」は、日本にいながら本場の味が楽しめる店として韓国冷麺マニアが行列を作る、韓国焼肉・平壌ピョンヤン冷麺専門店だ。1号店は韓国・ソウルにあり、こちらは2号店になる。

「平壌水冷麺」1,200円

酸味が少なくしっかりとしたコクのあるスープが魅力の「平壌水冷麺」は、ムチッとした食感の麺との相性が抜群で、一度食べると思い返してはまた食べたくなる、中毒性のあるおいしさが魅力。

「平壌ビビン冷麺」1,200円 

2.板橋冷麺(パンギョレイメン)」(大久保)

板橋パンギョ冷麺」は、数多くの韓国料理店がひしめくコリアンタウン・大久保の中でも、韓国冷麺好きの間では有名なお店。面倒見の良いオモニの接客も人気を集める理由の一つだ。

「水冷麺」1,000円

暑い夏のおすすめは、シャリシャリの氷状のスープによってさらに締まった麺の喉越しが抜群の「水冷麺」。自慢の麺は、オーダー後に製麺されるため、出来たてを味わうことができる。

「ハーフ&ハーフ冷麺」1,200円

また、なかなか日本ではお目にかかれない「刺身ムルフェ冷麺」があるのも韓国冷麺好きにはたまらないポイントだが、さっぱりとした水冷麺と辛みの利いたビビン麺を両方食べたいという人には「ハーフ&ハーフ冷麺」がおすすめ。交互に食べて、冷麺の無限ループ状態を楽しめます。

3.「コサム冷麺専門店」(新大久保)

新大久保にある「コサム冷麺専門店」は、日本では数少ない「冷麺専門店」だ。また午前中から夜までの通し営業なので、ランチにもディナーにも、急に冷麺が食べたくなっと時にもありがたいお店だ。

「水冷麺」980円

冷麺類は単品での注文のほか、“炭火焼肉が付く冷麺専門店”というコンセプトだけあって、炭火焼肉が付くセットも大人気。焼肉で冷麺を巻いて食べる、本場韓国式にトライしてみるのもまた一興だ。

「ビビン冷麺」980円

「ビビン冷麺」は、豪快に混ぜてそのまま味わうも良し、別添えの冷肉スープを注いで味変を楽しむも良し。具材のきゅうりやゆで卵が、辛さをほんのり和らげてくれるぞ。

4.「焼肉 冷麺 ユッチャン。」(六本木)

ハワイで絶大な人気を誇り、2019年1月に日本初上陸した「焼肉 冷麺 ユッチャン。」。そば粉に葛粉くずこを配合して作られる自家製麺は、細くてツルツルでもちもち! ハワイのみならず、日本でもその中毒性の高さで冷麺好きを魅了している。

「葛冷麺」

看板メニューの「くず冷麺」は、麺とシャーベット状のスープの相性が最高! もちもちとした麺と、シャリシャリのスープの組み合わせには、夏を感じずにいられないぞ。

「葛ビビン麺」

刺激的な辛さが人気の「葛ビビン麺」にも「葛冷麺」と同じシャーベット状のスープが付いてくるので、自分好みの辛さに調整ができるのもうれしいポイントだ。

5.「チョンギワ 本館」(赤坂見附)

ランチにも、夜遅くの仕事帰りや明け方まで飲んだ日にも、突如韓国冷麺が食べたくなってしまったら……覚えておきたいのがここ「チョンギワ 本館」(新館もあります)。平日は午前4時まで営業という、冷麺好きにとって心強い存在です。

「手打ち水冷麺」1,650円

自慢の手打ち麺を受け止めるのは、牛骨だしがベースのシャーベット状のスープ。麺はお願いすればお店の方がカットしてくれるが、セルフでチョキチョキと切る時間もまた、食欲を高めてくれる。

「自家製ビビン冷麺」1,650円

同じく手打ちの麺を使用した「自家製ビビン冷麺」もやはり人気のメニュー。真っ赤なタレは、辛さとうまみのバランスが絶妙で、辛い辛いと言いつつ気づいたら平らげさせる能力を持つ、まるで魔法のような味わい。水冷麺、ビビン冷麺ともにハーフ(1,000円)の用意もあるので、たくさん食べた後のシメにももってこいです。

6.「草の家 赤坂店」(赤坂)

古くから続く飲食店が多く存在するグルメの街・赤坂で、老舗の焼肉店と言えば「草の家 赤坂店」。焼肉の〆に最高の冷麺が食べられる店として、焼肉好きにも、冷麺好きからも熱い支持を集め続けています。

「自家製手打冷麺」1,320円

その特徴はなんと言っても、本場・韓国から仕入れるさつま芋の粉を使用した、特製の手打ち麺。透き通ったスープは、上品なコクが喉越しの良さを増幅させてくれます。

自家製手打冷麺」(ハーフ)880円

卓上にある酢を回しかければ、麺のほんのりとした甘みとスープのコクが際立ちます。思う存分味わいたい人はフルサイズで、たくさん焼肉を楽しんだ後の〆や小腹が空いた時にはハーフサイズの注文もできます。

7.「ハイパー」(渋谷)

隠れ家的冷麺スポットとして、渋谷で愛される店「ハイパー」。桜丘の雑居ビルの3階という立地ながら、お昼時にはカウンターが埋まってしまう人気店でもある。

「キムチ冷麺」1,200円 

こちらで絶大な人気を誇るのが「キムチ冷麺」。麺はしっかりとそば粉を感じる、もちもちの細麺だ。自家製のキムチがスープに酸味を加え、絶妙な味わいを生み出してくれる。

「プルコギ冷麺」1,300円

冷麺メニューは日によるが、「プルコギ冷麺」や「韓国冷麺」など数種類あるので、今日はどんな冷麺が食べられるかな?とワクワクできるところもまた魅力的だ。

8.「ザ味元(ミオン)」(三河島)

都内最古のコリアンタウンとして知られる、荒川区三河島。本場の韓国料理が味わえる店として地元民から愛される「ザ味元」の人気メニューには「自家製水冷麺」がある。

「自家製水冷麺」1,375円 

厳選した素材で作られる冷麺は、トンチミの利いたスープも麺も自家製だ。お店のおすすめはやはり、本場韓国ではお馴染みの、焼肉で冷麺を包む食べ方。焼肉メニューと一緒に味わえば、スタミナたっぷり、暑い夏も乗り切れそうです。

「自家製ビビン冷麺」1,375円

こちらの「自家製ビビン冷麺」は、コチュジャンのねっとり感を楽しめる濃厚ソースが魅力だ。決して激辛ではなくピリ辛だが、トッピングされたゆで卵がマイルドな味わいをプラスしてくれるぞ。

9.「ノルブブデチゲ」(仲御徒町)

仲御徒町駅から歩いて2〜3分の距離にある「ノルブブデチゲ」は、店名通りブデチゲがメインのお店だが「冷麺もおいしい」と、冷麺好きの間で徐々に評判を広げている知る人ぞ知る韓国料理店。実は韓国では人気のチェーンの東京初出店だ!

ランチメニュー「冷麺ポサム定食」1,250円 

冷麺はディナーでも味わえるが、ランチ限定のセットメニュー「冷麺ポサム定食」が魅力的だ。冷麺は、水冷麺かビビン冷麺のいずれかを選べて、ポサム、キムチ、小皿が付いてくる。

「ビビン冷麺」1,250円

具は、水冷麺、ビビン麺ともに、きゅうり、大根、卵とシンプルな構成に。特に辛みの利いたビビン冷麺は、温かいポサムと一緒に食べることで豚の脂がじんわりと辛さを和らげ、箸が止まらなくなること請け合いです。

10.「韓ヌリ」(新橋)

新橋の雑居ビルの地下にある「韓ヌリ」は、家庭的な雰囲気の中で本格的な味が楽しめる韓国料理店だ。ランチスポットとしても人気で、メニューにはチゲや参鶏湯などお馴染みの韓国料理が並ぶが、夏のメニューとして人気なのが、ズバリ冷麺だ。

「冷麺」1,300円

比較的酸味の利いたシャーベット状のシャリシャリ食感が楽しめるスープに、コシのある細麺がよく絡む。別添えのキムチをのせることで、少しパンチの利いた味わいにも変化する。

「ビビン冷麺」1,500円

「ビビン冷麺」は、見るからに辛そうな見た目の通り、しっかりと辛いタイプ。コチュジャンも唐辛子もはっきりと感じられる、ビビン冷麺は、辛いもの好きの人にはおすすめの一皿だ。

2 COMMENTS

なかなか切れない麺🦷

冷麺は、韓国料理の最高傑作ですよね~👀💦
焼き肉に行くと、最後にどうしても冷麺が食べたくなるもんね~💓
赤坂のチョンギワの冷麺は何度も食べたけど、とても美味💓
アガシも喜んで食べたもん~👀
御徒町にも冷麺の名店があるんだね~👀行ってみよっかな~
食べ残しの焼いた肉を冷麺に入れると、コクが出て好き💓

🍖

〆は冷麺よりピビンバが好き🤣でも、冷麺も好き。やっぱり氷が大事かなぁ‼️
昔は20分以上かかったけど、今は早い‼️麺が違うのかな。

現在コメントは受け付けておりません。