梅雨明けから本格的な夏へ

【街ぶら】江東区の芭蕉記念館と深川江戸資料館へ

今日は東京メトロに乗って、清澄白河駅にやってきました。

芭蕉記念館。松尾芭蕉が日本橋から深川に移り住んだことを記念して作られた記念館です。

芭蕉の研究家から寄贈された資料を中心に随時展示をしています。

記念館の庭園には芭蕉の句に詠まれた植物が植えられ、館内には俳句会を行えるお部屋があります。

隅田川を見ながら清澄庭園へ向かいます。

庭園の木陰で涼みながら、近くの資料館に足を延ばします。

深川江戸資料館に到着しました。

ここは江戸時代に関する資料等を展示及び収集・保存しており、江戸時代末期の深川の町並みを実物大で再現してます。当時のお店や長屋に実際に上がって生活用具などに触れられる「体感型」の展示室、小劇場とレクホールを備えた文化施設としての機能も担っています。

さあ、東京都現代美術館へ向かいます。

コレクション入れ替えのため休館中…トホホ💦

気を取り直してお隣の木場公園に向かいました。

こんな街ぶら。みなさんも行きませんか~w。

2 COMMENTS

チャリで15分で行ける💕

ああ~ 政治家や官僚や、お金持ちが大勢住んでいるイメージです💕 白河👀
散歩チャリでよく通りますが、庭園には行ったことは無かったです。
へぇ~ 芭蕉が移り住んだんですね~👀
はぃ~ ここで一句とはならなかったんですね😁
でも、随分な距離を歩きましたね~

オイラは宿アリ

松尾芭蕉って深川に住んでたんだ~。
知りませんでした。
全国に旅してたみたいなので、宿無しかと…(笑)

現在コメントは受け付けておりません。