今日はモンダンヨンピル映画祭

「ジョリーン」オリビア・ニュートン・ジョン

1976年に発売された「ジョリーン」。  日本ではニュートン・ジョンの代表曲の一曲として知られていますが、もともとはアメリカのシンガーソングライターであるドリー・パートンの楽曲でした。

ジョリーン、ジョリーン…ってホントに流行りました。オリビアが最後ものすごく高い声で”ジョリーン~”って歌うところを真似するヤツもいました。また「髭剃りの歌か?(ジョリ、ジョリ…)」っていうくだらない冗談もしてましたね?

「愛のデュエット」オリビア・ニュートン・ジョン 「フィジカル」オリビア・ニュートン・ジョン
スポンサーリンク

2 COMMENTS

ジャスミン茶

今朝は、まだ ジョリジョリしてない😁
毎朝この曲聴きながら、オリビアに髭そってもらったら、どんだけ幸せかなぁ?😍
よ~し、来世はオリビアと結婚しよっと😊👍
と言う夢を見たいなぁ~😢

嫉妬の炎

ドリー・パートンが、’Please don’t take my man(わたしの男をとらないで)’と歌えば、それなりに説得力(?)があります。美貌のオリビア・ニュートン=ジョンにそう歌わせるジョリーン(Jolene)がどれだけ美人なのか気になります。と同時に、ふたりの女にそこまで愛される男がなにほどの者なのか知りたくもあります。 

現在コメントは受け付けておりません。