風景

1962年発行の在日朝鮮美術家画集から

1961年 成利植 作

4 COMMENTS

なんなん?

実物を見て、説明を読まなきゃ~ なんだか分からない絵ですよ~😢
たぶん、いろんなメッセージを込めているんだと思うけど~
イマイチ、分からん~🤦‍♂️

感じるまま

時代から察するにある在日同胞の家(勝手に決めつけ)。家は平屋建てでトタン屋根で錆びついている(勝手な想像)、少し傾いている(これも想像)そして未舗装の道路と敷地の境界には鉄条網というか拾ってきたであろうバリ線が何かを拒むように張り巡らされている(これも想像)。絵の左側はどう見てもこの家を見ている人としか見えないですね(これも想像)。全体的にみてこの家は外部からの好奇な視線や監視を拒絶しているかのよう。何を拒絶しているのか?文化、歴史、政治、言葉、差別、貧困…。こんな事を勝手に想像するのも楽しいかもね。人それぞれ感じ方は色々だ。

面白い

「絵」って面白い。
それぞれに感じかたが違って。
ピカソを観て感動する人がいるんですよね?
私にはさっぱりわかりませんけど。
ちなみに「絵」を観て感動できるのが1点だけあり、イラストさんが描いた「ヤガンヘングン」の絵です。あれは泣けます。

🌶️🌻💕

今回のイラストさんの展覧会に出品した「고추」もとっても良かったですよ。
母?祖母?の慈愛に満ちた表情は見てるとどんどん引き込まれます。調和のとれたオレンジ色の世界、とても素敵でした。
강준성さんの水彩画の「ひまわり」もとっても素敵でした。

現在コメントは受け付けておりません。