『銀幕を飾ったスターたち』⑰ブルース・リー

ブルース・リーです。73年『燃えよドラゴン』で伝説の人となりました。世界中で彼を知らない人は皆無!俳優そして武闘家。もうこれ以上の説明不要ですね。享年32歳で帰らぬ人に。

主な出演作

3 COMMENTS

いちファンより

ぜ〜んぶ観ました。
(多分同級生の男子の部屋には彼のポスターが間違いなく貼ってたんじゃないかな?)
「燃えよドラゴン」に至っては中学の時友達と新宿ピカデリーに毎週の様に入り浸りました。笑
映画館から出て来ると皆目つきが変わって「アチョー」と回し蹴りをしてましたね。
ヌンチャクは大ブームになりました。
それこそ社会現象になるほど…
あの身体にも憧れました。
中学生と言う多感な時期に間違いなく大きな影響を受けた俳優の一人です。
「燃えよドラゴン」が日本でヒットした時は既に他界していた事も話題になりました。
本当に惜しい、若過ぎた死でした。

ヌンチャクとカンフー

ヌンチャクとカンフー。ブルースリーの映画で知りました。
訳も解らず、ヌンチャク手に入れ振り回して遊んでいました。(笑)
この頃、確か?スポ根漫画や格闘技漫画が人気で、この少し前頃の『巨人の星』、『柔道一直線』、そして極真空手大山倍達の『空手バカ一代』、少しズレて『あしたのジョー』等がありました。それから”異種格闘技戦”なんかも良くTVでやってましたね。(^^)
印象深いのが、”ベニー・ユキーデ”のスピード感あるキレッキレの跳び後ろ回し蹴りとか極真空手のウィイリー・ウイリアムスの熊殺しや、アントニオ猪木との対戦!モハメド・アリ対猪木!等。。。熱い時代でした。
その中でも、やっぱり『ブルース・リー』のインパクトが一番強烈!印象に残ってますね! ♪アチョーッ!(笑)

🥡

ブルース・リー
高校生の頃流行りましたね〜
4作品観ました。
表情が大袈裟な感じが良く😄
音楽が流れるとカンフーの闘いが始まる高揚感と華麗なヌンチャクさばきが見所‼️
真のアクションスター
だと思います。

現在コメントは受け付けておりません。