『銀幕を飾ったスターたち』㉕ジョン・ボイド

オスカー俳優。スロバキア系米国人。身長191cm。代表作は、69年アメリカンニューシネマの代表作『真夜中のカウボーイ』、74年『オデッサファイル』、78年『帰郷』アカデミー賞主演男優賞受賞、79年『チャンプ』等、出演作多数。女優アンジェリーナ・ジョリーのお父さん。

主な出演作

4 COMMENTS

代表作

ジョンボイド 味のあるいい役者。(代表3作品)
★69年『真夜中のカウボーイ』
大都会の孤独に流される2人の男の生き様を描いたアメリカン・ニューシネマの代表作。テーマ曲 ♪Everybody’s Talkin’(うわさの男)は66年🇺🇸フレッド・ニールの楽曲。

★74年『オデッサ・ファイル』
若いドイツ人記者と元ナチの為の秘密組織「オデッサ」との間の暗闘を描く。処女作『ジャッカルの日』と並ぶ🇬🇧の作家フレデリック・フォーサイスの代表作を映画化。

★78年『帰郷』
ベトナム戦争で負傷した、下半身麻痺の患者と看護婦。2人は高校の同級生。お互いの交流を通して描く反戦映画。主演のジェーン・フォンダが主演女優賞。同主演のジョン・ヴォイトが主演男優賞を受賞した。

いちファンより

隠れた名優ですね。
私的には晩年の「エネミー・オブ・アメリカ」や「ミッション・イン・ポッシブル」の悪役が印象的です。
真の実力者は悪役が上手いと言いますが、彼を見るとそうだと思いますね。
あとプライベートでは、アンジーのお父さんと言うことも驚きました。

楽しい企画ですね。
そろそろ韓国の俳優も出てくるかな?とワクワクしています。

投稿者

銀幕シリーズの男優、残り後6人!そろそろ、韓流~行きますか?(笑)

平凡パンチ

アンジェリーナ・ジョリーのお父さんとは知らなかった。

現在コメントは受け付けておりません。