家族で登山「奥秩父 ・西沢渓谷」

2019年5月5日と6日の連休を利用して、家族で「乾徳山」と「西沢渓谷」に行ってきました。今回は、5日の乾徳山に続き6日の西沢渓谷の紹介です。

笛吹川上流の西沢渓谷は、美しい滝や季節の渓谷美を楽しめる1周約10kmのコースで、清流のほとりを約3時間30分で周回します。特に危険な箇所も無くどなたにもお奨めできるコースです。ただし、厳冬期に行くと川やのその横をへつる道など氷結していて滑ると止まらなさそうなので行かないようにしましょう(笑)。

JR塩山駅からバスで1時間10分ほどで西沢渓谷入り口バス停に着きます。バス停から約20分の歩きで周回合流点のネトリ橋のトイレと鳥瞰図前に到着します。

歩きやすい鋪道、山道を進んでいくといつの間にか川のほとりを歩くことに。

三重の滝

上流に登るにつれて河床の白さと水の青さが引き立ち美しい。

夏に水着で滑り台のようにして遊ぶと気持ちよいだろうな(笑)。

なれいの滝

中間地点まで登る。

有名な七ツ釜五段の滝

中間地点にはベンチがあって食事ができる。

周回コースの後半は、以前塩山まで材木を運ぶために敷設されていた軌道を整備した歩道を歩く。大展望台ではあいにく雲が多かった。

終点が近い。

周回出発点のネトリ橋。背景の稜線がギザギザしているのは鶏冠山(とさかやま)。

前日の乾徳山も良いけれど、西沢渓谷は散歩のような気軽さで渓谷美が味わえます。職場の同僚には休日にふらっと出かけてパンプスで周回した者がいます。

バス停近くの土産店ではよもぎ餅が食べられます。近くには広瀬湖やそのダム、”道の駅みとみ”なども有りますのでお時間がある方はどうぞ。