梅雨明けから本格的な夏へ

【訃報】「血と骨」の作家・梁石日さんが死去

「血と骨」「夜を賭けて」などの小説で、在日文学に新たな地平を切り開いた作家の梁石日リャンソギルさんが29日午前、東京都の病院で死去した。87歳。大阪市出身。

経営する印刷会社が破産し、20代で多額の借金を背負った。30代前半から約10年間、タクシー運転手として働き、その経験を基に書いた小説「タクシー狂躁曲」が、崔洋一監督によって映画「月はどっちに出ている」となり、ヒットした。

済州島出身の父をモデルに、暴力と不信、孤独に支配され、欲望のままに生きる主人公を描いた「血と骨」は、知性に反逆する圧倒的な身体性を見せつけてベストセラーとなり、山本周五郎賞も受賞。

崔監督、ビートたけしさん主演で映画化された同作は、数々の映画賞を受けた。鉄くず窃盗団アパッチ族を題材にした「夜を賭けて」も山本太郎さん主演で映画化された。

在日朝鮮人2世として生まれ、1990年代に韓国籍に。在日韓国・朝鮮人としてのアイデンティティーを問いながら、人間の業や社会の不条理を見つめた。

ご冥福をお祈りする。

4 COMMENTS

残念💦

また一つの時代の終焉ですね😰
『血と骨』は手に汗しながら読み終えた記憶がある。昔よく見かけた、頑固な一世のアボジがリアリティ👀
残念です。合掌🙏

合掌

名前はもちろんしっているけど、まだ何も読んだ事が無いです。終戦も日本で迎えたんだろうか。作家で成功するまでは壮絶な人生だったんだろうな。
どうぞ安らかに。

映画は❌

血と骨の映画がちょっとイマイチでしたね。暴力とSEX描写がマジえげつなかった。

無頼派

ほぼ全作品を読みました。在日朝鮮人の小説家としては、もっともよく読まれたはずです。浪費癖(酒と○○○)があったらしいけれど、李恢成、金石範、金鶴泳などの先達とはちがって、印税だけで暮らせたはずです。でも、作風にはなじめなかった。

現在コメントは受け付けておりません。