【台東】アーカイブ写真⑤-同和信組上野支店への強制捜査

1967年12月。700名あまりの東京国税局員と警官が同和信用組合本店営業部と上野支店に強制捜査を開始しました。

預金者の脱税容疑を理由に、銀行に対して強制捜査が行われたこと自体が前代未聞で、取り付け騒ぎに巻き込まれて倒産する事を狙ったものであると専門家も指摘しましたが、取り付け騒ぎは起こらず、逆に預金量が増える結果になりました。

こんな時でも激励に訪れる同胞たちで銀行はにぎわい、仕事にまい進する職員たちの献身的な努力で今日の同胞社会が築かれています。