今日は「済州島四・三事件が起きた日」

済州島四・三事件は、1948年4月3日に在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある済州島で起こった島民の蜂起に、南朝鮮の国防警備隊、軍、警察、李承晩支持者などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す。

済州4・3事件鎮圧のために派遣される討伐軍

南朝鮮当局側は事件に南労党が関与しているとして、政府軍・警察による大粛清をおこない、島民の5人に1人にあたる6万人を虐殺した。そして済州島の村々の70%が焼き尽くされた。

済州4・3事件当時の写真

1945年8月15日に日本が連合国に降伏すると、朝鮮半島はアメリカ軍とソ連軍によって北緯38度線で南北に分割占領され、軍政が敷かれた。この占領統治の間に、南には親米の李承晩政権、北には抗日パルチザンを称する金日成の北朝鮮労働党政権が、それぞれ米ソの力を背景に基盤を固めつつあった。

討伐隊の殺戮を逃れ山の中に避難する島民

1945年9月10日、朝鮮建国準備委員会支部が済州島にも創設され、まもなく済州島人民委員会と改められた。1947年3月1日、済州市内で南北統一された自主独立国家の樹立を訴えるデモを行っていた島民に対して警察が発砲、島民6名が殺害される事件が起きる。この事件を機にこの年3月10日、抗議の全島ゼネストが決行された。

これを契機として、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁は警察官や北部・平安道から逃げてきた若者を組織した右翼青年団体「西北青年会」を済州島に送り込み、白色テロが行われた。特に西北青年会は反共を掲げて島民に対する弾圧を重ね、警察組織を背景に島民の反乱組織の壊滅を図った。

1948年5月済州飛行場に到着した米軍政首脳部

島民の不満を背景に力を増していた南朝鮮労働党は、1948年4月3日、島民を中心とした武装蜂起を起こした。1948年に入ると、南朝鮮当局が南側単独選挙を行うことを決断し、島内では選挙を前に、激しい左右両派の対立がはじまった。その中で単独選挙に反対する左派島民の武装蜂起が4月3日に起こったのだ。警察および右派から12名、武装蜂起側からは2名の死者が出た。

殺戮され十字架にさらされた済州島民の死体

済州島民の蜂起に対して、韓国本土から鎮圧軍として陸軍が派遣されるにあたり、政府の方針に反抗した部隊による反乱が生じ(麗水・順天事件)、韓国本土でも戦闘が行われた。この混乱により済州島の住民を中心に、戦闘から逃れて日本へ渡る者が多数生じ、これが在日朝鮮・韓国人の先祖の多くを占めるともされる。

1948年11月警察の尋問を受けるため待機中の済州島民

済州島では韓国軍などにより蜂起したものは弾圧されたが、人民遊撃隊の残存勢力はゲリラ戦で対抗するようになったため、治安部隊は潜伏している遊撃隊員と彼らに同調する島民の処刑・粛清を行った。

 海辺に避難する山間部の済州島民たち

韓国軍は、島民の住む村を襲うと若者達を連れ出して殺害するとともに、少女達を連れ出しては、2週間に渡って輪姦、虐待を繰り返した後に惨殺したと言われている。

非難する済州島民たち

1948年9月に北では朝鮮統一国家を標榜する朝鮮民主主義人民共和国の成立を宣言した。1949年12月24日には、朝鮮半島南側で韓国軍は住民虐殺事件(聞慶虐殺事件)を引き起こし、共産主義者による犯行であると情報操作をした。

済州4・3事件加担者を逮捕監視

1950年に米軍から朝鮮半島を解放すべく朝鮮人民軍が進撃し朝鮮戦争となると「朝鮮労働党党員狩り」は熾烈さを極め、1954年9月21日までに3万人、完全に鎮圧された1957年までには8万人の島民が殺害されたとも推測される。また、保導連盟事件が起きると本土と同様に刑務所で1200人が殺害された。

処刑される保導連盟員 1950年

当時海上に投棄されていた遺骸は日本人によって引き上げられ、対馬の寺院に安置されている。済州島では事件前(1948年)に28万人いた島民は、1957年には3万人弱にまで激減したとされる。

長年「反共」を国是に掲げてきた韓国では、責任の追及が公的になされていない。また、事件を語ることがタブー視されてきたため、事件の詳細は今だ未解明である。

写真で見る在日⑭-分断と戦争

6 COMMENTS

市内

済州島に故郷を持つ私としては、とても胸が痛みます😓 どうしてこんな事になっちゃうの?😰悲しすぎる😭 この事件がなければ、今頃、ミカン畑で収穫してるのに〜麦藁帽子かぶって🙆‍♂️

男はつらいよ

😭우리 아버지 어머니も若い時제주도から日本に色々苦労してきたが本当に色々な人に助けてられて🙇‍♂️長い間
国平寺にお世話になり、住職の指導のもと3年前に両親を故郷제주도のお墓に。その時、작은 아버지にこの事件の話を聞きました。😭

忘れてはいけない

同族同士の殺し合い。この戦いが朝鮮戦争につながって行き、分断が定着したように感じます。朝鮮の歴史は被害者の歴史でもあり、加害者の歴史でもある事を忘れてはならないと思います。

제주사람

数年前当時の大統領が43事件を認めました。
詳しくは分かりませんが、2カ月前の韓国のニュースを見た兄が43事件の遺族に対して、ひとりあたり日本円にして、七百万円の賠償額を払うとあったそうです。
https://www.joongang.co.kr/article/25038159

悲しい歴史

自分の国の人間同士、悲しすぎます。
私たちはなんて平和な時代と場所で生まれ育ったのだろう・・。
合掌します。

忠清道出身者

権力というものは異質なものを排除したがります。しかし対象が異民族であっても同民族であっても殺人は罪です。せめてもの救いは노무현政権が国家として謝罪し、문재인政権が補償したことです。民主化しなければ、ありえないことでした。

現在コメントは受け付けておりません。