18年の極秘訪朝時「私を殺そうとしてきたのを知っています」に「今もそうですよ」と冗談で応じる

ポンペオ前米国務長官が24日に出版のした回顧録で、2018年に当時のトランプ大統領の特使として極秘訪朝した際の内幕を明かしていることが分かった。金正恩朝鮮労働党総書記が「ずっと私を殺そうとしてきたのを知っています」と会談冒頭に軽口をたたき、ポンペオ氏も「今もそうですよ」と冗談で応じていた。

18年3月30日、CIA長官だったポンペオ氏はワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地から北朝鮮の首都ピョンヤンに向けて出発。動向は数人にしか知らされていなかったという。

米朝の緊張が高まった17年には金正恩氏の暗殺計画が検討材料になっているとも報じられた。金正恩氏はポンペオ氏との会談で「あなたが来るとは思いませんでした」と〝暗殺〟に言及して口火を切り、ポンペオ氏も機転を利かして、この話題で切り返した。

直後に撮影された写真で、金正恩氏はほほ笑みを浮かべていたという。ポンペオ氏は極秘訪朝の目的について「北朝鮮の核兵器を除去できなかった過去の失敗した取り組みを修正するため」だったと強調した。

共同通信

4 COMMENTS

自分で読みなさい

すごい❗会談や取り決めには水面下での活動が大切だとはしっていました。
つい少し前の内情を明かすとはすごい本ですね。
知りたいけど多分読まないので、笑
誰か読んだら概要を教えてほしい。

返信する
ミサイルは、もういいよ~💦

「実は水面下では~こんなことが!!!」的な話が大好物な人たちには、興味深いと思うけど~💦 それで、何が表面的に進展したの?と、現実の話の方が、私は興味あるな👀
いずれにしても、米朝が和解して、平和になって欲しいなぁ~😊
だって、一番辛い思いをして生活している人民がいるんだから😞
うちのオモニは良く言ってた!「とりあずご飯を食べた後に行動しなさい👍」と、、

返信する
髪型はイマイチだけど…

ポンペオ。中々ユーモアあるじゃん。これ、アメリカンジョークって言うんでしょうか?
まあ、金正恩委員長もユーモアあっていいじゃん。

返信する
常識人

D・トランプのような破天荒な大統領ではなかったら金正恩との会談は実現しなかったはずです。金正日と会ったのも変人と言われた小泉純一郎でした。

返信する

コメントを残す