タルトタタンが食べたくて料理教室へ

りんごは秋から冬にかけての季節が旬です。フランスの伝統的な菓子にタルトタタンがあります。フランス版アップルパイとも言われています。

でも洋菓子店にタルトタタンは、ほとんど販売していません。どうしてもタルトタタンが食べたくて教室に申し込み作りに行きました。

まずはりんごジャム作りで1時間以上かかりました。

焦げ目のシロップ、焼きりんご、下に敷く生地も作っていきます。

タルトタタンの完成です。

珈琲と一緒にタルトタタンを食べましたがめちゃくちゃ美味しい〜!

甘さ控えめで下にバター入り生地、その上に焼きりんごを重ねて、一度オーブンで焼き、2回目はりんごジャムぬり、焼く細かい作業でした。楽しいタルトタタンを作りでした。

やはりフランスの伝統菓子は違いますね!感動しながら食べました。御馳走様でした。

1 COMMENT

🇫🇷料理は奥深い❗️

美味しそう。ご苦労様でした。(^^)
この手間、まるで宮廷料理のお洒落なデザート見たい⁉️お店であまり取り扱っていないのもうなずける。大変な手間ですもんねー。(笑)

私も昨日、久しぶりにフランスパン🥖の仕込みをしました。準強力粉を使い、少しのイースト菌で8時間の長時間常温発酵。今朝分割整形後、更に2次発酵後焼き上がった🇫🇷パンですが、やっぱりイマイチの出来でした。もう100回以上作っているけど、ハードル高い!(^^)

🇫🇷料理全般、作業工程や温度管理等、上手に作るの本当に難しい。レシピ通りにやらないと絶対ダメですね。それだけ研究し尽くされ洗練された料理なんでしょね〜。頑張って下さい。👍

現在コメントは受け付けておりません。