梅雨…。窓の外は雨

よ~くわかる「一般的なワクチン」について

この頃、テレビでこのワードが出てこない日がないほど報道されている新型コロナワクチン。そこでワクチンについて調べてみました。

ワクチンの種類って?
私たちも子供の頃からいろんなワクチンを打ってきました。小学生の頃はツベルクリン検査をしてBCGを打ったりしてましたね。今では「定期接種」や「任意接種」に分れてるそうですが、私たちの身体の中には知らず知らずのうちにいろんなワクチンが入っています。ポリオ、結核=BCG、ジフテリア、百日咳、破傷風、麻疹、風疹、水痘、日本脳炎、Hib感染症、ヒトパピローマウイルス感染症、B型肝炎の予防、近年ではインフルエンザ等…。数えればきりがありませんね。

予防接種をすればその病気にはかからないの?
ウイルスや細菌に一度感染すると、身体の中にその病気に対する抵抗力=免疫がついて、この記憶は身体の中に長く残ります。このため、多くの病気は「一度かかると二度とかからない」といわれています。ただ例外としてインフルエンザウイルスなど、毎年少しずつ性質を変化させる病原体は、一生の間に何度か病気にかかることがあります。最近は予防接種で得られた免疫を保つような刺激が身体の中で起こらず、徐々に免疫が低下し、大人になってかかる人がごくわずかにいるそうです。

新型コロナワクチンを打つのが怖いんですが…
新型コロナワクチンの接種は「任意接種」です。個人的な見解ですが、私の周りでも新型コロナにかかってしまい、後遺症に苦しんでいる友人を目の当たりにすると、「打てる時に打っとく」のが得策ではないかと思います。身体に異物が入るのを極端に嫌っている人も見かけますが、乳幼児から何種類ものワクチンを接種してきている私たちは、今更ながら異物混入に抵抗があるんでしょうか。判断はあなた次第です。

1798年に天然痘の治療として開発されたワクチン。当初は牛の種痘から作られたため、「人に打つと牛になる」と言われてました。そういうワクチンを接種したお陰で天然痘は地球上から撲滅しました。新型コロナウイルスが地球上から消えてなくなる日は来るのでしょうか。この頃の状況を見るにつれ、コロナと人類の戦いも先の長い長期戦になるのかもしれないと思ってます。

次回は新型コロナワクチンについて話してみたいと思います。

3 COMMENTS

ワクチン摂取予約完了。

今朝、予約開始。即予約入れた。結構空きあるー。で、一番早い日付をみたら7月14日からになっていて、直ぐポチりました。1回目出来た❗️続いて、2回目も同じ場所でポチる。8月4日。予約完了。(ホッ…。)🏖🏊‍♀️👙

😹😹😹

一回目ワクチン打ってきました。多分私、後遺症全然無いと思う。
どこから、そんな自信湧くのかって?
それは何年か前、癌やって抗癌剤、放射線治療ガンガンやったから、私の身体は悪に侵されているからです

うぶな私では無いからじゃ➖
ワッハッハ➖

ワクチン🍷

ワクチン🍷カクテルにして飲んでやるー‼️ワッハッハー‼️👍(^^)
見習います。(笑)

現在コメントは受け付けておりません。