「茜色の約束」いきものがかり

この曲は、もともとは結婚式をテーマとして書いた曲で、吉岡のお兄さんの結婚式の場で演奏して、兄嫁はとても感動したそうです。

でも結婚をテーマにした曲であるにもかかわらず、少し悲しげな感じがします。

歌詞には「別れ」という言葉が登場しますが、この曲の中では離婚ではなく死別を意味するものとして使われていていて、少し悲しい気持ちになるのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

1 COMMENT

全然悲しくないよ~

夕暮れに、お手手繋いで河川敷を散歩してたら、誰でも詩人になれそう~👀😍
あいにく、私には、その機会が無かった💦 って言うか、ちっ😢 つまんねぇ~の

現在コメントは受け付けておりません。