秋の夜に

陽を追っていたひまわりもいつしか黒く燃え尽き、気がついたら曼珠沙華に衣替え。虫の音もすっかり変わり、月も色を帯びてきました。 会えなかった長い日々、歳月はしっかりと足跡を刻んでいます。 人生は歳月のように単純ではないけど、いっぽいっぽ歩いていれば、その足跡はしっかり刻めるはず…。 もう少し、もう少し。恋しさが募るほど再会の日がきらめくから…

28期同窓会ブログへGO!

 新着記事
 お知らせ
 洋食レシピ
 Coffee Break
もっと見る
もっと見る
もっと見る