若く楽しく美しく(61)ー“あなたの手が好き”

私の知人に“手が好き”という人がいます。異性、同性かかわらず真っ先に手に目が行くそうです。「手フェチ…?」とも思いますが、確かに“手は”目立たないけどしっかり見られてます。年齢を重ねると、どうしても手がゴツゴツして血管が浮き出る“老け手”になっちゃう。だからってドラえもんのようにグーで暮すわけにもいかないし…

手って、実は顔よりも10年も早く老けちゃうんです。だって、洗顔は1日2回ぐらいだけど、手は外出の度、トイレの度に洗うんですもの。そして、いつも全裸。紫外線も北風ももろに当たっているんです。それに一番の働き者でしょ。言ってみれば最も過酷な環境で過酷な労働を強いられる可哀想な存在。そう思うと手に感謝ですね。

“老人の手”を想像してみて。シワシワで、どす黒くて、血管や骨が浮き出ていて… その上、加齢で指がコキコキ。それが自分の手だなんて絶対に認めたくない! だからしっかりケアしましょ。

老け手の一番の原因は乾燥。そしてコラーゲンが少なくなって皮膚が薄くなっているのと、血行が悪くて血管が硬く分厚くなってしまっているから。角質もたくさんたまっているので、これらをクリアしてあげましょ。

コラーゲンは難しいけど、手を洗うたびにハンドクリームを塗って手の甲から指先までマッサージする習慣をつければある程度は改善できます。トイレ後に手を洗って拭かないなんてもってのほか。洗わないのはもっとダメだけど。指先が常に冷たい人は指のマッサージを念入りに。手のケアと同時に冷え性の改善にもつながるそうです。

そして、血管を目立たなくする最良の方法は指先の血液を心臓に戻してあげればいいんです。

両手を上げてブラブラさせながら深呼吸を10回。これで指先の血液が心臓に戻るんですって。湯船でやれば効果もアップ。人前で堂々と手を見せられる“美しい手”を手に入れましょ。“あなたの手が好き”って言われるように。

11 COMMENTS

指がズングリムックリ

私の手はポッチャリと言うか、若い頃からあまり血管が浮かないので、かえって血管がバキバキの手は羨ましかったんですが…
手は確かによく人前に出る体の一部ですから綺麗にケアすべきだと思いますが、白くてすらっとした手はカッコいいけど私みたいに太くて指が短いと…笑
ハンドクリームは欠かさず持ち歩いてます。

眠らない技工士

仕事上手に研磨剤やら化学溶剤やらが手に付くのでマジックリンや中性洗剤をたわしに付けてゴシゴシ…。
油分が無くなりパックリ割れが何箇所もできます。若い頃は自然と体内から油分が補給されていたのでしょうね、こんな事はありませんでした。また夏は湯沸かし器のお湯を使わないのであまり酷くなりません。
早く暖かくなって欲しい…。

LS

社交として握手したら手の甲にキスするのを儀礼とした時期があります.ところが,職場の無粋な男がわたしを「糾弾」するので煩わしくなり封印しました.ちなみに女性に嫌がられたことはありません(多分).

LS

そんなに驚かなくても… あくまでも社交儀礼の範囲でした.無用の誤解を未然にふせぐ(?)ため,二人きりではなく,おもに酒席で衆人環視のなか公然と握手しました.コロナ禍のいまは絶対できません.いまは昔の話です.

マッサージ始めます。

年齢を重ねた今、自分の手をゆっくりと見るたびに いつの間にこんな手になったんだろう?なんて少しだけがっかりしてしまいます。
そんな私も最近では、それぞれの手に人生が刻まれているようで シワも日に焼けて黒ずんだ自分の手に愛おしさを感じるようになりました。
異性、同姓かかわらずに
「あなたの手が好き♡」って言われたら
どんな誉め言葉よりも「ドキッ♡」と心がときめきそうですね。(笑)

手フェチ

手に人生が刻まれている…、そういう手が好きですね~🤣

手✋荒れに用心!

技工士さん……歯科の立役者であり、歳を重ねるにつれ誰もがお世話になってるはず。眠らないで手を酷使し慢性的に「手荒れ」なんでしょうね。
仕事中、手洗いの度に油分を補うのは難しいかもしれませんが、夜寝る前だけでもたっぷりハンドクリーム塗ってケアしてくださいね。
既にしてたら余計なお節介でした。。。

眠らない技工士

ありがとうございます😊。手を使わない時はたっぷりケアするようにします。
でも歳をとると色々出てきますね…。

Netflix好き

Netflixの韓国ドラマ「START UP」で「僕のどこが好き?」と聞かれて「手が好き」という場面がありました。
でも手が好きってビミョーだ

LS

Netflixに加入したばかりです.「START UP」はまだ観ていないけれど,わたしも「手が好き」は微妙だと思います.料理ではなく食器がほめられた気分にさせらる,とでも例えられましょうか.

現在コメントは受け付けておりません。