Coffee Break☕️「悲しみのジェットプレーン」カントリー🪕

2 COMMENTS

♪聴き比べ

★「悲しみのジェットプレーン」【聴き比べ】(原題)「Leaving on a Jet Plane」作詞作曲:ジョン・デンバー

❶「ピーター・ポール&マリー」67’アルバム収録曲 69’シングルカット全米1位。この曲元は彼らのアルバム収録曲です。
https://youtu.be/IVEATF7VNTk

❷「シャンタール・クレヴィアジック」98’(カヴァー曲)SF映画98’「アルマゲドン」劇中歌。同サントラ版収録曲。映画の中で宇宙へ旅立つ直前、印象的なシーンで歌われてます。
https://youtu.be/bbt2G71uT1M

❸「エンゲルベルト・フンパーティング」70’(カヴァー曲)アルバム収録曲。(動画)
https://youtu.be/Ux9TmGPHzr0

★【備考】ジョンデンバーのこの曲、恋人を残して飛行機で戦場へ行かなければならない(行きたく無い)苦しい胸の内を歌う…。ベトナム戦争🪖反戦歌でもあります。
歌詞がとても切ないです。

プライベートでの彼ジョンデンバーは、無類の飛行機好きで有名。自身も操縦桿を握りプライベートジェットを飛ばしていたそうですが。。。最後、(皮肉にも)彼は飛行機事故で亡くなりました。自信が操縦するジェットプレーンで…。残念です。

ベ平連(笑笑)

久しぶりに聴きました。良い曲ですね。日本で言うフォークって感じ。
自分自身が自家用セスナ機で亡くなるなんて皮肉と言うか…。その当時自家用機事故のニュースを聞いた時すぐに悲しみのジェットプレーンが頭に過ぎりました。

現在コメントは受け付けておりません。