Coffee Break☕️「リリー・マルレーン」ドイツ語🇩🇪歌謡曲

2 COMMENTS

和訳歌詞

♪「リリー・マルレーン」39’【和訳歌詞】原曲歌:ララ・アンデルセン

(略訳)
兵営の前、門の向かいに
街灯が立っていたね
今もあるのなら、そこで会おう
また街灯のそばで会おうよ
昔みたいに リリー・マルレーン
俺たち2人の影が、1つになってた

俺たち本当に愛しあっていた
ひと目見ればわかるほど
また会えたなら、あの頃みたいに
リリー・マルレーン

もう門限の時間がやってきた
「ラッパが鳴っているぞ、遅れたら営倉3日だ」
「わかりました、すぐ行きます」
だから俺たちお別れを言った
君と一緒にいるべきだったのか
リリー・マルレーン

もう長いあいだ見ていない
毎晩聞いていた、君の靴の音
やってくる君の姿
俺にツキがなく、もしものことがあったなら
あの街灯のそばに、誰が立つんだろう
誰が君と一緒にいるんだろう

たまの静かな時には 
君の口元を思い出すんだ
夜霧が渦を巻く晩には
あの街灯の下に立っているから
昔みたいに リリー・マルレーン。

🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹

(備考)第二次世界大戦下で流行した歌謡曲。
『マレーネ・デートリッヒ』〜ベルリン出身のハリウッド女優で、第二次世界大戦時、アメリカに亡命後市民権を取得。日本では、彼女の持ち歌として有名。
この歌、戦時中ドイツ軍の為にラジオで流されて人気となるが、敵国側だった英国軍の間でも人気となった。“歌に国境は無い"を証明した名曲。日本では、75年に梓みちよと加藤登紀子がカバーしてます。
★映画『リリー・マルレーン』81’ドイツ映画

銀巴里

心を絞り出すような声で 語るように唄う戸川昌子さんのリリー・マルレーンが 衝撃的で忘れられません。
ドイツの歌謡曲だったんですね🇩🇪
ありがとうございます。
勉強になりました。✧◝(⁰▿⁰)◜✧

現在コメントは受け付けておりません。