大弛峠から夢の庭園へ

早朝に自宅を出て中央高速を西へ向かいます。高尾山を過ぎ山梨方面へ。本格的な紅葉はまだ始まっていないようなので今日は大弛峠(おおだるみとうげ)をめざします。

舗装された林道
琴川ダム

まず中央道勝沼ICを降り琴川ダムをめざします。ここも最近できた複合ダムですが、標高が高い所にあるのでもう紅葉が始まってました。

琴川ダムから金峰山五丈岩

金峰山五丈岩もはるか先にみえます。

大弛峠駐車場

車を走らせ大弛峠に到着。早くも駐車場は自家用車で一杯でした。

大弛小屋周辺と標識

大弛峠(おおだるみとうげ)は、山梨県と長野県の県境にある峠で標高は2,365m。現在自動車やバイクがが通行できる道路では日本一高い車道の峠です。

乗鞍エコーライン、乗鞍スカイラインがマイカー規制により通行できなくなったので、車で通れる峠としては最高地点になります。

またこの峠は近くの金峰山や国師ヶ岳などの登山ルートの起点としても有名な場所です。大弛峠ヒルクライムのコースとしても有名ですね。

先週降った雪

登山道は先週末に降った雪がまだ溶けてないようです。軽アイゼンを持って来てないのでどうしようかと様子を見ていたら、やはりアイゼンを持ってない登山者がどんどん下山してきます。「登山道はツルンツルンで行けるとこまで行ってみたけど、やばくて撤退してきた」とのこと、ということで予定を変更。

登山道はツルツル

目指すは「夢の庭園」です。大弛峠から歩いて15分余りの場所で。山のふもとに不思議なことにそこだけ露出している巨大な花崗岩群があります。この巨大な花崗岩と低木が絶妙な調和を見せる自然庭園が「夢の庭園」です。1960年に発見し有名になったと記憶してます。

夢の庭園から金峰山方面
南アルプスの雄姿

雪でツルツルの登山道を慎重に登る事30分「夢の庭園」到着です。眼下には甲斐駒ヶ岳と北岳などの南アルプスの景色、北は浅間山の展望、また隣には金峰山五丈岩が見渡せます。大自然が織りなす造形美と眼下に広がる大パノラマが今日の収穫です。

南アルプス甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳
長野方面・右手に浅間山
金峰山方面

大弛峠は毎年6月から11月までの6か月間だけ開かれた車道の峠です。通行の際にはよく事前調査をしてください。今回はノープランで行きましたが、やはり事前な調査と装備の準備は揃えておいた方が無難だと実感した一日でした。

日時:2020年10月21日 大弛峠9:30発→夢の庭園10:00(休憩)10:30出発→大弛峠11:00着