梅雨明けから本格的な夏へ

【お知らせ】演劇「玄界灘」上演のお知らせ

再度のお知らせになりますが、金達寿の小説「玄海灘」を舞台化することを目的として設立した「玄海灘を上演する会」が主催し、劇団劇作家の有吉朝子さんによる新たな脚色に、東京演劇アンサンブル代表の志賀澤子さんが演出し上演します。

物語のあらすじ

1942年日本の植民地時代末期の京城(現在のソウル)。
ソ・ギョンテは日本の大学を卒業後、地元の新聞社に勤めるが、日本人女性大井公子との恋愛が破綻して街動的に京城に旅立ち、京城日報社に就職する。ベク・スンオは日本への留学後、一切の交際を断って、日本に協力的な父の家で無為の生活を送っている。朝鮮人特高のイ・スンウォンはベク・スンオを定期的に訪ねて話をし、独立運動家たちを紹介する。

植民地末期の京城とそこで暮らす日本人と朝鮮人の複雑な絡まりあいのなか、3人の若者のそれぞれ具なる歩みを中心に描く。⋯日本の敗戦と、朝鮮解放、そして朝鮮戦争とすすむ歴史の前夜を生きる人たち…

上演日時 8月30日から9月3日まで 調布市せんがわ劇場にて

玄海灘 のクチコミ&チケット予約 はこちらから
https://stage.corich.jp/stage/257066

2 COMMENTS

セマウル号も💦

玄界灘って響きだけで、ぞくぞくしちゃう💦👀
今回は調布じゃないですか~👀 近くに同級生いっぱいいるんじゃない?
行くのかな?👀

ただ仙川に行きたいだけ🤣

行きたい❗
色々な紹介がある中で、この舞台は見たい。てゆーか、「せんがわ劇場」に行きたい❗
演劇の内容もさることながら、何を隠そう「せんがわ」に住んでいたので懐かしいのです。🤣
日にち的に厳しいなぁ。誰か行ったら駅前の動画よろしく🤣

現在コメントは受け付けておりません。