自分に合った仕事を見つけた

私は以前、営業の仕事をしていました。営業という仕事は性質上、結果として数字が求められますが、この数字に追われる営業の仕事は正直向いてないと思いました。

営業という仕事は「経過は大事だけど結果が全て」の世界。いくら頑張っても契約を取り、数字を伸ばすことが最重視されます。

新人の頃は経験も浅く頼りなかったので、それなりに仕事をこなしていましたが、中堅やベテランになるにつれ、一週間、一ヵ月、半年、一年と繰り返される社員とのグラフ競争に心が折れそうになり、そのプレッシャーは半端なかったです。

還暦を機に営業の仕事に終止符を打ち、自分に合った仕事を見つけました。社会福祉の仕事ですが、利用者さんたちとの交流の中で信頼関係を築き、時間や数字に追われることなく仕事が出来るという事は、自分にとっては今までにない幸せな時間です。

今はコンビニで売っているスイーツを探して、休日にゆっくりと、のんびりと食べることが好きになりました。コンビニといっても最近はケーキ屋さんで売っているものと変わらないほどおいしいものが多いです。

これからの冬は、新作のスイーツが私の楽しみです。