【花園予選・東京都第二地区】東京朝高は勝利に届かず敗退

花園の東京都予選が4試合おこなわれた10月30日の江戸川区陸上競技場。第3・第4試合では、第二地区の準決勝がおこなわれた。東京は明大中野に39-0と完封勝ち。目黒学院は東京朝高に49-3。それぞれ花園の舞台に一歩近づいた。

FWとBKがバランスよく攻めた目黒学院

目黒学院VS東京朝高は、点差ほど一方的な展開とは感じない試合だった。東京朝高が何度でも低く、激しいタックルを繰り返した。じわじわと点差をつけられても闘志は衰えず、積極的な攻撃を仕掛け続けたからだ。

目黒学院はそれをパワーではね返すこともできれば、展開力で攻略することもできた。

東京朝高のNO8宋賢寿は何度も前へ出た

精一杯の力を出しても勝利に届かなかった東京朝高の金太仙主将は、「みんなディフェンスで頑張った。ただ(SOの自分が)エリアマネジメントをうまくできず、後半に走り負けた。チームメートは100パーセント出し切ってくれた」と話した。

目黒学院CTB菅瑞揮主将が東京朝高のSO金太仙主将に駆け寄る

悔し涙を流したキャプテンは、積極的にアタックを仕掛け、自ら防御を突破するシーンも度々あった。1年間を振り返り、「今年のチームは夏の後半に、いままでの朝高とは違うラグビーをしようと目標を立てました」と言った。

「でも、それを確立できなかった。来年(その継続を)後輩がやってくれると思います。きつい練習もやり切って、いっぱい走って、走り負けないチームになってほしい」

涙をこぼしながら後輩たちへ思いを託した東京朝高の金太仙主将

東京朝高と目黒学院は普段から合同練習をおこない、互いのことを知る仲だ。目黒学院は、その友人たちのチャレンジを自分たちの強みではね返し、勝利をつかんだ。

CTB菅瑞揮主将は、「前半(のチーム)は緊張もありましたが、後半はそれもほぐれ、力が出せました。いつも一緒にやっている相手ですが、フィジカルの強さを発揮できました」と手応えを言葉にした。

東京との決戦に向け、「自分たちはディフェンスで流れを作るチーム。(予選決勝では)フィジカルとディフェンスで圧倒し、自分たちの流れに持っていきたい」と意欲を示した。

ラグビーパブリックから抜粋

スポンサーリンク

3 COMMENTS

ワンコリア💕

激闘の末の涙は、すがすがしくて、美しくもありますね~👀😊
よく頑張ったと思いますよ~👍
是非、朝大に進学して、もう一花咲かせてください~😊
でも、ラグビー精神の「ノーサイド」って良いよね~😘
この精神が世の中に浸透すれば、ミサイルなんか必要ないのになぁ~💦トマホークも💦
ちっ、世の中ってもんは~💦

タックルせえ❗️❗️❗️

花園への道は中々厳しいね。これからも諦めることなく頑張ってほしい。いつか道は開かれるはず!!
タックルせえ❗️❗️❗️

ノーサイド

うん、がんばってほしい。
こうなったら目黒学院に花園に行ってもらいたい。
一緒に練習❓良いな~、最高ですね。
友情も芽生えるね。良いな~。

現在コメントは受け付けておりません。