梅雨明けから本格的な夏へ

【投稿】宮ヶ瀬ダムの観光放流

久しぶりの休み。何もやることがないので、ちょっと遠出をして神奈川県の宮ヶ瀬湖へ向かった。この湖は人工的に作られた湖で、この湖を堰き止めている宮ヶ瀬ダムは、中津川の上流に建設した多目的ダムだ。

建設が発表されたのは1969年。宮ヶ瀬に住んでいた約1100人の引っ越しが決まり、ダム建設が本格的に始まったのが1978年だ。ダムの本体が出来上がり、ダム湖の水がいっぱいになるのが1998年。

本格的な稼働は2001年なので、40年も前に計画され、完成までに約30年もの長い年月がかかって完成したダムだ。

このダムの完成によりできた湖の総貯水量は、1億9,300万m3と神奈川県内最大規模を誇り、その貯水量は芦ノ湖とほぼ同じ大きさで、そこから1日130万m3の水道水が生み出される。

今日ここに来たのは水曜日だからだ。4月から11月までの期間、全国でも珍しい定期的な観光放流が行われ、毎週水曜日と毎月の第2日曜日、第2第4金曜日の11時と14時の2回に分けて放流が行われる。

11時の放流の時間に合わせて出発したが、圏央道が相模原ICまで伸びているので時間より早く着いてしまった。 でもこれも想定内だ。まずダムの中にある無料のエレベーターでダムの下から堤防の上まで上る。

ダムの上からは宮ヶ瀬湖から見える丹沢の山々と、遠くは横浜のランドマークタワーなども遠望できる。湖畔には遊覧船乗り場や展示室もあるので、1時間ほどの時間はあっという間だ。

さて、ダム下に降りてみたら、県内の小学生たちが遠足でも来ているのか、一番いい所に陣取って観光放流を見ようと準備中だ。負けじと人ごみをかき分け私もスタンバイ。

高低差は約70m。 ダイナミックな人口の滝が織りなす6分間の壮大なショーの始まりだ。 片方の放流管から毎秒15㎥で約30㎥が流れる。 25mプールが12秒でいっぱいになる計算だ。

名物の宮ヶ瀬ダムカレーは今回はパスしたが、11月末には宮ヶ瀬湖周辺は紅葉真っ盛りだ。

ダム下には宮ヶ瀬第1発電所も無料見学(約40分)できるので、機会があれば是非行ってみてくれ。

4 COMMENTS

動画が上手

すごい迫力ですね〜👀実際に目の前出みたら、ぶったまげちゃいそう💦
でも、強制移住させられた人たちも気の毒ですね💦以前テレビで特集組んでましたか?

今度行ってみようっと…

宮ヶ瀬ダム…。
比較的に若いダムなんですね、まだ20年そこそこなんだぁ。

ダムってドラマあるね。

小学生をかき分けたんですか⁉️
お、おかげで迫力の動画が見れて何よりです🤭

投稿者さんは違うみたいですが、ダムをこよなく愛する人いますよね。ダムだけの写真集とかもあるらしい。

女性ダム愛好家増加中って言うけど

5年前、草津の帰りに八ッ場ダムの建設現場にヘルメットをかぶって、現場のエレベーターに乗って見学しました。黒部ダムの放流も間近に見ました。自然の美しさには感動するけど、コンクリートの人工美にはまだ目覚めません。家族でドライブすると、夫はよくダムに立ち寄ります。いつか魅了される時がくるかな?

現在コメントは受け付けておりません。