同窓会まで9か月…体調管理を怠らないで

重量挙げ女子45キロ級で世界新記録ーアジア選手権

重量挙げのアジア選手権が3日、ウズベキスタンの首都タシケントで行われ、北朝鮮の女子45キロ級のウォン・ヒョシム(21)がスナッチで86キロ、ジャークで106キロ、計192キロの世界新記録で優勝した。

国際重量挙げ連盟(IWF)は2018年の世界選手権から新しい階級を決め、世界記録の基準を発表した。女子45キロ級の基準はスナッチ85キロ、ジャーク108キロ、計191キロだった。

同階級の記録は18年以降、5年間更新されなかったが、今回ウォン・ヒョシムが塗り替えたことになる。

4 COMMENTS

パリのオリンピックでは金メダル🏅

45キロの女性が108キロをも違えることじたい、すごいね👀
私なんか、お姫様抱っこされちゃいそう~😊
世界記録とは すごいですね~👍 
どんどん記録更新して欲しいなぁぁ~

済州島出身の女性と初デート

北の女性はやはり強いですね。
済州島の女子もたくましいよね。
いえいえ決して比べてるわけではありませんので…
誤解しないでね。

南男

남남북녀(南男北女[男は南、女は北])と言いますものね。

🇫🇷

重そう~。ちゃんと栄養あるもの食べられてるのかな~。食べないと力出ないから、その辺は大丈夫なんだろうけど。パリが楽しみですね。がんばれーー🇫🇷

現在コメントは受け付けておりません。