おかしな娘のオモロイ話(42)ー년간총화

昨年末、私が働く会社で部署ごとの総括があった。《년간총화》というやつである。私は朝大出身なので、大学時代に총화を散々やらされた。書き方の順序も流れも、カンペキ!朝大では、まず장군님の말씀を引用する必要があった。なんなら、ここでも引用したいくらいだ。私の部署では、経理と総務を併せた管理部全体の総括となった。前日に、総括に関するアナウンスが流れる。
「皆さんに今年を漢字一文字で表していただきます。その漢字にした理由もお知らせください。」

総括当日。まずは各リーダーがチームごとに総括を発表。次いで漢字一文字の発表である。私の渾身の총화서は上司しか見ないので、この発表の場が、년간총화のすべて。短く、しっかりと要点をまとめないと。

進行役:では、発表の順番はランダムとします! まずは、経理部の中島さん!
中島さんの漢字一文字は<新>。転職して新しい環境になったから。そして、コロナによって、新しく趣味を増やしてみたとかなんとか。なんじゃそりゃ。

進行役:次、総務部の李さん。
私:はい。私の漢字は<予>です。今年は、なんといってもコロナで予想外の社会となり、そこからは予防の徹底。個も全体も予防を徹底した成果として、感染者やクラスターを出さずで今年を終えられました。また、あらゆることに対し、管理部が一丸となって、予め先手を打つ姿勢であったと思います。来年も“ with コロナ”は続きますので、引き続き予防の徹底と、予め先手を打つ姿勢で、攻めるコーポレートでいきます。よろしくお願いいたします、以上です。
私が話し終わった瞬間。シーーーン…
あ、あれ?

進行役:はい、じゃあ、次、経理部の吉野さん。
吉野さん:私ですか?!……李さんの次、イヤです。
神田さん:私も!私も李さんの次はイヤです。
なんと、私の嫌われっぷりといったらハンパない。笑

らちがあかないので、進行役の髙﨑さんが話す。
進行役:はい、じゃあ私がやります。私は<変>です。転職したので。環境変わると色々変わりますね! なので<変>で! 来年もよろしくお願いします!
そこへ先ほどの神田さん。
神田さん:あ!それなら私も。私も結婚して名字変わったので、<変>でお願いします!
進行役:はい、じゃあ次、総務部の大野さん。
大野さん:はい。僕の漢字は<続>です。今年から日記をはじめました。継続は力なりということで、続けていこうと思います。

みんなの発表を一通り聞いた私。
・・・いやいや、ちょっと待て。なんだ?このプライベート発表会は。この人たち、총화を何だと思ってるんだ?총화のベクトルと経験値が違いすぎて、私だけ完全にヤバい人になってしまった。そんなことでいいなら私だって<産>にしたのに…

今年はガチで参加してしまったけれど、来年からはしっかりベクトルを合わせて、私もプライベート発表会に臨もうと思う。