「主人公」さだまさし

1978年に発売された3枚目のアルバム「私花集」に収録された曲。「主人公」はさだまさしの名曲中の名曲と言われています。この曲に説明は要りません。歌詞が全てを語ってくれます。長いので2番の歌詞をアップします。

「或いは」「もしも」だなんて
あなたは嫌ったけど
時をさかのぼるチケットがあれば
欲しくなる時がある
あそこの分かれ道で
選びなおせるならって
もちろん今の私を悲しむつもりはない
確かに自分で選んだ以上
精いっぱい生きる
そうでなきゃ あなたにとても
とても恥ずかしいから
あなたは教えてくれた
小さな物語でも
自分の人生の中では
誰もが皆主人公
時折 思い出の中で
あなたは支えてください
私の人生の中では
私が主人公だと

2 COMMENTS

秋桜

40年以上ずっと聴いています。
私花集のLPレコードは、私の宝物でした。
後、何年聴き続けられるでしょうか⤴️?(笑)
ありがとうございます。

ウォーキングのお友

このリクエストコーナーが大好きです。
ここで紹介された曲が、私のスマホの音楽アプリにどんどんダウンロードされて行きます。
これからも、楽しみにしてますね💕

現在コメントは受け付けておりません。