若く楽しく美しく(22)-シカクリーム

今日は韓国コスメのお話です。興味のない方はスルーして結構です。
今、韓ドラブームが再到来している中で、同時に韓国コスメも再び熱い視線を浴びています。その正体はシカクリーム!

カタツムリ”や“ヘビ”など奇抜な発想でコスメ界をリードする美容大国ー韓国。次は鹿⁈と思われる人も多いですよね。最初は私もそう思いました。でも今回は動物のエキスではないんです。

鹿ではない、じゃあ歯科? でもありません。シカの語源はフランス語の“Cicatrice”=傷跡だそうです。ですから察するに“傷跡をケアするクリーム”?なんでしょうね。

シカクリームの成分がセンテラアジアチカ(別名ツボクサ)というものなので、そういう名前になったのでしょう。

ちなみに、このツボクサは「トラが傷を癒すときにこの草の上に寝転がって傷を癒す」という草で韓国では“トラクサ(虎草)”と呼ばれています。やはり動物に関係ないとは言えないかな…

シカクリームは、紫外線やストレス、大気汚染などから発生するお肌のトラブルを抑え、傷ついたお肌の再生を助けてくれるんですって。要するにニキビ跡やシミ、シワに効くらしいのです。そのうえ保湿効果まであるというから使ってみない手はない!私もさっそく使ってみようと思います。

ただ、どの化粧品もそうだけど、使ってみて肌に合わないと思ったらすぐにやめてください。あと、使ってすぐに効果が出る化粧品なんてどこにもありませんので、地道に使ってみることです。