アカデミー賞に便乗しちゃう、それから…

誰にでも推したい映画があるし、自分なりのアカデミー賞的な作品はありますよね。今回は私の特選韓国映画を紹介したいと思いますのでご容赦願います。

その前にこれは書いておきますね。昨日開催された第92回アカデミー賞でポン・ジュノ監督の映画〈パラサイト〉が作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞を受賞しました。私は今回最多部門の受賞とか外国映画で史上初だとか、その凄さが呑み込めていません。

快挙などの言葉では表現できないくらいの驚愕とか奇跡とでも言ったらいいのか⁉ 正直うまく語れません。アカデミー賞と言えばアメリカ芸術アカデミーによって各賞が選定されるとのことですが、ひいきだ、人種差別だ、セクハラだと物議を醸してるのもご存じのとおり。

アジアの、そして韓国映画の〈パラサイト〉をちゃんと評価するのかと訝しんでいましたが杞憂でした。後に漏れてくるいろいろな評論に興味津々ですがね。とにかく映画ファンとして、ポン・ジュノさんと俳優、スタッフさんに心からの賛辞と拍手喝采を送ります。この脈絡には到底なり得ませんが、私の中のアカデミー賞として韓国映画のイチ作品を語りたいと思います。

題名は〈1987、ある闘いの真実〉です。監督やキャストについては便利なスマホに譲ります。日本での上映は2018年の9月となっていますが、私はそれより前に知合いが送ってくれたコピーDVDでこの映画を観ました。

我々が知っている南の民主化運動のターニングポイントになった学生拷問死事件と反政府闘争を実に分かりやすく見事に映像化した作品です。素朴な大学生が不条理な社会に対する内なる怒りを秘め街頭デモに参加する姿。牢獄に収監されてる人、そこで働く看守、坊主に紛れて影で動く人たちが民主化のために献身する模様が巧みに描写されています。

検事や記者も悪役ではありません。一方それを弾圧する側の悪辣さには憤りを通り越してヘドが出るほどでした。

でもこの映画で扱った内容と、韓国の歴史と並行したつらく過酷な闘争は遂に政権側の〈民主化宣言〉を導きだすに至りました。韓国の民主化はまだ完全(果たしてそんな国があるの?)とは言えません。

ですが、韓国ドラマや映画、K-POPなどのエンタメ系が世に出るスタートラインに立てた出発点を改めて理解する点でも、そしてアカデミー賞受賞の快挙を語る上でも弾圧と闘争の韓国現代史はフォローしたらいいなと個人的には強く思っています。その手助けとして、私個人のアカデミー映画〈1987〉を推薦しちゃいました。

前にコメントで誰がが語られた〈택시운전사〉や〈변호인〉も是非ご覧あれ。それから知っていたら教えて下さい。안성기や이요원、이준기が出演した光州事件の映画の題名はなんでしたっけ?

    (ただの映画好き)

7 COMMENTS

毎日の締めは、韓ドラと晩酌

[1987]お勧めして頂きありがとうございます😊私はスカイTVと言う(サーバー)をテレビに繋いで韓国映画、ドラマなど見ています。問題なのは、2年更新でその都度6万円します。もっと安く観る方法があれば、どなたか 教えてくださいますか?

知ったかぶりの韓国映画好き

私の場合、Netflix、Amazon、Amebaテレビを付けています。
Amazonプライム基本無料ですが有料399円で観れますよ。

因みに私はタクシードライバーをたまたま、韓国の映画館で観ました。
まぁ〜광주사건繋がりの映画になるので。

1987、ある戦いの真実はまだ観ていないので夜、帰宅してゆっくり観る予定です。

元박근혜政権が5年ではなく、4年以内で活動休止になり、19代문재인政権になったのでその後、タクシードライバー、1987ある戦いの真実が韓国で上映されたと思います。
私も戦後の韓国社会、韓国文化を知る為、映画、ドラマにはまりました。
韓国映画で刺激的だったのは국제시장でした。離散家族が1000万人、この映画も韓国ソウルで封切りの日に観たのを覚えています。

韓国映画にも夢中

화려한 휴가 の事でしょうか。BIGBANG トップ主演 포화속으로も光州事件を題材にした映画でソウルに行った時に映画館で見たのですが、あまりにも考える事があり旅行を楽しむ事が出来ませんでした😰
コメントでパラサイトをお勧めしましたが、こんなに凄い賞を取るとは😱
最近の映画では、이병헌主演백두산もとても良かったです。
마동석시が出てるので観たのですが。
毎日のように韓国ドラマや映画を観てますが、時間を忘れるのがちょっと困ります🥰

アカデミー

有難うございます。화려한 휴가でした。スッキリしました。

人生は美しい

光州事件そのものを題材にしたものではありませんが、光州事件関連の映画だと『ペパーミント・キャンディ』もあります。
2000年公開、2000年の大鐘賞で主要5部門の受賞作で、NHKと韓国の共同制作です。

個人の生き方が当時の韓国の社会情勢の中で狂っていく様が、時間を逆走して1999年から過去20年間の転換点を回想するという手法で切なく描かれています。
過去にさかのぼる際に、列車からの視点が逆走するのが印象的です。

映画中で、主人公が刑事として学生運動家をクンサン(群山)で張り込むのですが、その時にスナックの女性と会話を交わします。
そのスナックの場面が好きで、韓国に行ったとき、クンサンまで行って街の雰囲気を味わってきました。クンサンには『8月のクリスマス』のロケ地もありました。

「いつかカメラを担いで、名もない花を撮り歩きたい」
主人公のこの言葉と、贈られるはずだったカメラが切ない。

『ペパーミント・キャンディ』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=arLKgkofWIk

『ペパーミント・キャンディ』レンタル
https://www.youtube.com/watch?v=m6_CBnGoHEo&has_verified=1

毎日の締めは韓ドラと晩酌

知ったかぶりの韓国映画好きさん
分かりました。ありがとうございます😊
韓国映画なり、ドラマはラストシーンが良く分からないと言う作品が多々あるのが 私の印象です。結構色々観ましたが最後どうなったか覚えて無い。それが韓国の“美“なのかと思える今日この頃です🤭💁‍♀️

知ったかぶりの韓国映画好き

毎日の締めは韓ドラと晩酌さん、昨夜、1987ある戦いの真実を開く事が出来ず、先程Amazonリモコンでもう一度試してみたが失敗で終わりました。

本当に知ったかぶりの韓国映画好きになってしまいました。笑
ごめんなさいね。

去年は共犯者達、記者など韓国の裏社会の真実の映画も観ましたが、これこそ民主主義国家だな〜と実感したかな〜!
洋画もアカデミー賞いただいたバイス、グリーンブックなども映画館でチョイチョイ観ました。

韓ドラも、韓国映画もいいけど、去年1番おすすめはNetflixでアメリカドラマ、スーツが1番面白かったかも。
これ、オススメです。
韓国ドラマでは秘密の森がおすすめします。これもNetflix16話です。
1月間無料キャンペーンしているので
1日前にキャンセルすれば、無料になりますよ。
2つとも検事、弁護士の物語です。
絶対、はまるので是非、観てください。

現在コメントは受け付けておりません。