【歴史】パクスブリタニカへの道「アルマダの海戦」

中世の欧州は、イスラム(オスマン帝国)の圧倒的な軍事力の影響を受けていました。しかしスペインは、レパントの海戦(地中海)で向うところ敵なしのオスマン帝国を破りました。

レバント海戦

スペインの勝利は、世界史的に画期的な出来事でした。すなわちイスラムの時代が終わりを告げ、欧州の時代の幕開けを意味したのです。スペイン艦隊は無敵艦隊(アルマダ)と呼ばれるようになります。無敵艦隊を有し海洋覇権を握るスペイン。

1790年当時のスペイン帝国

16世紀のスペイン帝国は、世界中に領土を有し「太陽の沈まない帝国」となりました。自転する地球上でスペインの領土の何処かには必ず太陽が照らされていたのです。しかし、スペインの栄華も永くは続きません。

産業革命前の英国(エリザベス一世の時代)と英仏海峡で戦闘を交えることになったのです。

アルマダの海戦

アルマダの海戦(1588年)。スペイン艦隊は大型で小廻りが効かず、波の穏やかな地中海では力を発揮できたのですが、波の荒い英仏海峡では機動力を発揮することが出来ませでした。

1921年当時のイギリス帝国

当時の海戦は自分の船を相手の船にぶつけて沈没させるという戦法ですから大型船が有利でした。しかし小型船の多いイギリス艦隊は、大砲で攻撃し、相手の艦船が近づいてきたら逃げるという戦法でした。

無敵艦隊は英国の艦隊副司令官ドレーク(海賊の頭目)に敗れたのです。

この海戦で勝利した英国は以後、紆余曲折(露との100年にわたるグレート・ゲーム等)を経ながら、七つの海を支配する海洋覇権国家、パクスブリタニカ(英国が世界を支配)の時代へ進むことになるのです。

【歴史】林則徐-アヘンと戦った孤高の英雄 【歴史】オマハの賢人ーウォーレン・バフェット 【歴史】始皇帝に愛された悲運の思想家ー韓非子
スポンサーリンク

5 COMMENTS

エイリザベス

無敵艦隊~😊 むかしは強かったんだね~ スペイン~
サッカーも強いもんね~
そう言えば、イニエスタはまだ活躍してるの?あまりニュースにならんな~
まぁ~ どうでも良いけど、イギリスも強いし~ ズルいし~💦 なんとなく好きになれない~😞

おーーっ🤩

面白い❗面白すぎる❗
日本史も怪しい。朝鮮の歴史もあやふや。
世界史は無知。
歴史って幅がありすぎて勉強するのに悩みます。悩ましいからしないできました。笑

投稿者

 次回は、現代史(ロッキード事件)と中国の古典を織りまぜてご紹介したいと思います。

おーーっ🤩

歴史とは「戦争の歴史」ですね。
つい「面白い」と表現してしまいなんか反省。歴史が面白いのは確かですが、面白がってはいけないのだ❗です。

悩む

歴史ねぇ。難しそうで一番避けてきたけど、今からでも学べるかなぁ。マンガで読みやすくしているのがありますよね。それにしようかな~。いつの時代にしようかなぁ。それで先ず悩む😔

現在コメントは受け付けておりません。