窓の外を眺めながら…

【レシピ】백종원シェフが作る「バッファロー・ウィング」

バッファローウィングは、鶏肉の手羽を素揚げにし、辛味の強いソースをまぶしたアメリカの料理です。ニューヨーク州のバッファローが発祥で、バッファローでは「チキンウィング」や「ウィング」と呼ばれています。

今日はニューヨークから来た最高のおつまみ「バッファローウィング」の作り方を紹介します。

【ソース材料】
りんご酢 約1/3カップ
タバスコ 約1/2カップ
味塩 大1/4
細かい唐辛子粉 大1.5
バター 1切

【材料】
手羽元10本 約380g
手羽先10本 約250g
サラダ油

【作り方】
①フライパンまたは鍋にリンゴ酢、タバスコ、味塩、細かい唐辛子粉、バターを入れて強火で煮る。 ソースが沸騰したら1分煮て火を消し、完全に冷ます。
②手羽先、手羽元はきれいに洗って水気を切る。
③鶏は果物ナイフを使って切り込みを入れる。ソースは2/3だけ入れ、鶏と一緒にボウルに入れて和える。 切り込みを入れない場合は、約一日 冷蔵庫で寝かすとおいしい。
④ エアフライヤーにサラダ油をよく塗り、味付けした鶏を広げて入れる。
⑤ エアフライヤーで180度で15分焼き、鶏を裏返し再び15分ほど焼く。
⑥ 熱の強さが異なる場合があるので、色を確認しながら時間を調節すること。
➆ 焼き上がった鶏を取り出し、残ったバッファローウィングソースを和え、お皿に盛り付ければ完成。

1 COMMENT

手羽好き~💕

バッファロー👀 食べたこと無かったけど、美味しそう~😍
タバスコとバターがポイントなのかな?👀
ミネストローネに似た味かな?

現在コメントは受け付けておりません。