窓の外を眺めながら…

【投稿】元に戻れる?日常

2月に入りテレビのニュースを見たら、コロナ感染者の数がびっくりするほど減っている。なんだか手品でも見せられている感じだ。それでも誰もがマスクを外そうとしないのは、心の中に感染爆発への不安があるからかもしれない。

そして、来月の3月13日からマスク着用は「個人の判断」に委ねられるという。もし、このままコロナがおさまったら、その後の私たちの生活は、元に戻るのだろうかと考える。

私は戻らないと思う。例えば交際費などは、大幅に少なくなるだろう。何も仕事が終わって飲み食いして接待などしなくても、仕事はとりあえず進むんだと、この3年間のコロナ禍で、学習をしてしまった。

デジタル化の時代もコロナ禍で加速した。その流れはもう誰にも止められないんじゃないか。でもデジタル化が押し寄せているとしても、100%全てがそうなるということではない。80~90%が時代の波に乗っても、残りの10~20%の例外はそのまま残ると思う。

私は、毎日のように習慣のように着けているマスクをする生活を、さほど不自由とは感じなくなってしまった。それはマスクをして、顔の一部を隠すことにより、一種の匿名性の自由が感じられるからだ。

先日、近所のおばさんと立ち話をしたんだが、マスクをすると化粧しなくてもいいし、歯も磨かなくていいからとても楽だと言っていた(笑)。

そう言えば、むかしテレビでみた忍者や泥棒たちは、ほとんどが覆面をしていた。あの覆面の姿にはなんとなく自由な感じがあったと思う。時間が経ってマスクを外して生活するようになったら、コロナが流行した時のマスク生活を懐かしく思う人が、必ず出てくるんではないだろうか。

マスクは人の自由を圧迫するものではなくて、むしろ個人を共通の世界の下で、自由にするものなのかもしれない。新型コロナの流行は、そう考えるとある意味、人々の一体感を高める現象をもたらした。

予測できない時代に生きる不安が、いま私たちの周囲に色濃く立ち込めているのを実感するこの頃だ。

2 COMMENTS

フェイスシールド嫌い

確かにマスク生活には慣れてきちゃったよね~ 顔を隠せる利点も十分にわかる💦
でも、最近はマスクしてても誰だかすぐに分かるし、会話もスムーズになって来たよね
来年の東天紅では、何割がマスクしてるんだろう?👀
頭も剥げて、しわくちゃになってたら、目を見ただけじゃ~誰だか分かんないよなぁ💦
困っちゃうなぁ

マスクキライ

コロナ渦になる前から常にマスクをしている人がいました。ノーメイクだからと言っていましたが、ある種の自由を感じていたのかも❓

私はマスクが嫌いです。外して良いなら即外したいです。風邪の心配より「つけない解放感」を味わいたいです。
つける自由、つけない自由、個人に選ばせてちょうだい。

現在コメントは受け付けておりません。