梅雨…。窓の外は雨

Coffee Break☕️「ワルツ・フォー・デビー」JAZZ🎷

3 COMMENTS

和訳歌詞

♪『Waltz For Debby』56’(Bill Evans)

ビル・エバンス本人のピアノ演奏曲。歌無し白黒動画(4:30秒)※映像音声共にノイズあり。
https://youtu.be/dH3GSrCmzC8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ワルツ・フォー・デビー』【和訳歌詞】

彼女の甘くかわいい世界には
人形とピエロ、そして王子様と
大きな紫色のクマが住んでいる
そのおとぎの世界で暮らす 
私のお気に入りの娘は
疲れ切った大人のしかめ面など
知る由もない

太陽の下で 
彼女は音の鳴らぬ調べに舞い
小さな頭の中で流れる 
金で紡がれた歌を歌う
けれどいつの日かすぐに彼女は成長し
人形や王子さま、あの年老いたクマを
手放してしまうだろう

彼女が去り行く時
さようなら’ とつぶやく彼女の言葉に
置き去りにされた人形たちは涙を流す
けれど 彼女の旅立ちに悲しむ人形たちを
心配する私が誰よりも寂しくなるに違いない…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備考】1956年に、ビル・エヴァンスが2歳だった姪っ子のデビィのために書いた曲。歌詞はエヴァンスと親かったJAZZ評論家のジーン・リース。子供の成長を喜びつつも、いつの日か自分の元から離れていってしまう。可愛い子への想い、寂しさがよく表現されいる歌です。
★この曲は、1961年にNYでのLIVE録音アルバム 「Waltz For Debby」 が有名。

寂しい~😢

女性の成長は、こうも早いもんなのですね~😢
歌詞を見て、私も寂しくなりました~😢
下の動画のアルトサックスの演奏は、私の演奏の録音かと、一瞬思いました😘
☝ これ、真っ赤なウソです~😆 このぐらい吹けたら楽しいだろうなぁ~💕

優しい旋律♪

デビーちゃん、きっと目茶苦茶可愛かったんでしょうね~。こんな優しいメロディーが想い浮かんだんだからね。(^^)この歌詞、(本心は)シャイな男達の胸の内のメルヘンチックな感傷?(笑)と、姪っ子に対する慈愛?が滲み出ているように感じます。

現在コメントは受け付けておりません。