窓の外を眺めながら…

企業のコロナワクチン接種体験

医療関係者でもなく、まだ高齢者の仲間には入れない世代。接種券もまだ届かず、最近は「若者から接種を」という声も聞かれる。「いつになったら接種できるんだろう」と半ばあきらめかけていたら、娘から「うちの会社で明日から社員と家族の接種が始まるよ」という連絡が。スマホで確認したら翌日に接種可能とのこと。すかさずポチッと申請だ。

翌日、地下鉄の麻布十番駅で降りて国道を進むと、洒落たビルが目の前に現れた。このビル内にある全オフィスの社員と家族を対象にワクチン接種が行われる。

ワクチンの行列を想像しながら中に入るが、並んでいるのは5~6人。ビルの中なので暑くもなく快適だ。ほどなくエレベーターで接種会場に案内された。

場内の流れ作業はとてもスムーズ。問診も事前にスマホでポチるため1分で終了。その後、待つことなくワクチンを接種。入場から接種まで15分とかからない。接種後は15分休憩し、体調に異変がなければ終了。

水分補給のための冷水器まで設置されている。10時半にビルに来て、予約した11時にはビル退出というスピードだ。

地元で接種する高齢者たちは、予約に苦労し、接種当日は炎天下や雨の中で密になって並ぶというのに、企業接種はなんてスムーズで快適なのだろう。やはり資本主義は大企業が中心で、弱者は置き去りにされてしまうのだなあと痛感した。

4 COMMENTS

迷い中💦

すごく効率的ですね~👏 摂取すると安心すると思うけど~
今、打つか打つのやめようか~ 迷い中💦

余計なお世話かな

打てる機会があれば早めに接種した方がいいのでは?
余計なお世話かもしれませんが…。

不安~💦

アメリカで、接種側と不接種側とがもめていましたね~💦
「副反応」と「後の後遺症」が、少し不安要素です💦
なんせ、最近できたばかりのほやほやの「ワクチン」ですので~💦

ファイザー製ワクチン、明日うちます。

医療法人の傘下にクリニックと介護部門があり、クリニック職員は4月には接種終わりました。介護の方は5月24日からの予定が、行政からの前日の連絡で急に1か月延びて、私は明日一回目の接種を受けます。一応選択は個人の自由だと言うものの、職業柄受けない選択はありません。(立場的にもですが💦)利用者の中には「私はうたないけど、あなた達は全部うつのが当たり前」と言われる方も居ます。クリニックの方では、予約済みのご老人方が、並ぶ必要も無いのに朝から行列しています。有料老人ホームの面会を制限しているのですが、家族の方の中には、自分はワクチンうったので面会させろと理不尽な事を言う方も居て、ストレス溜まる一方です😰

現在コメントは受け付けておりません。