同窓会まで9か月…体調管理を怠らないで

クリスタル・ケイの母シンシア、個人事務所立ち上げも「東日本大震災」がきっかけで仕事が激減

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。シンシアが社長に就き、個人事務所『グレートプロダクション』を設立。娘と二人三脚の日々が始まる。

個人事務所を立ち上げゼロからのスタート

離婚成立と前後して、個人事務所を立ち上げました。ゼロからのスタートでした。私自身シンガーとして活動はしていたけれど、マネージメントに関しては何もわかりません。まずは名刺を作り、ご挨拶回りから始めました。

社長といえど、個人プロダクションです。私も都度クリスタルの現場に付き添います。スケジュールを頭に入れて、ヘアメイクを押さえて、車やホテルの手配をして……。何かミスがあってはいけないと、常に緊張感がつきまといます

アーティストが万全のコンディションでステージに立つには、その背後で綿密なサポートが必要になる。

栄養バランスに配慮し、なるべく手作りのものを食べさせる。マッサージを呼ぶ時間がなければ、私が代わりにしてあげる。それは母娘だからできたことかもしれません。

マインドのキープも大切です。クリスタルには常に『あなたなら大丈夫だから』と言い続けました。母親がそばにいることで、心強くもあったと思います。

ただいくら信頼している人がそばにいても、いざステージに上がるとひとりきりになる。すごく孤独で、押しつぶされそうになる。それは私も歌っていたからわかります

震災後のコンサートでのクリスタル・ケイ

東日本大震災で仕事がすべてキャンセルに

「現場に入ると、まずどんな状況か隅々まで見て回るのが私のルーティン。そしてその様子をクリスタルに説明します。

『今日のお客さんはみんな応援してくれるから大丈夫!』ということもあれば、『今日はアウェーだけどみんなお芋だと思え!』ということもある。震える手をぎゅっと握りしめ、ハグしてステージに送り出す─。毎日が怒濤のように過ぎていきました」

手探りで始めた個人事務所も、やがて軌道に乗り始める。気づけばメジャーデビュー10周年が過ぎていた。クリスタルの仕事は順調で、新曲の録音にコンサート、プロモーションにイベントと多忙な日々が続いていた。

「ところが2011年春の東日本大震災をきっかけに、仕事が全部ストップしてしまった。自粛ですべてキャンセルになり、あれだけ埋まっていたスケジュールが真っ白になってしまいました。

先の見えない状況に、精神的に追い詰められていきました。髪がごっそり抜けて、鬱にもなりました。個人事務所というのはこういうときバックアップがないから弱い、そう思い知らされた。

再び仕事が動き出したのは震災の7か月後で、そのころには蓄えがすっかりなくなり、生活費にも事欠くような状況でした。

そこで助けてくれたのが母でした。窮地に陥っていた私を見かね、お金をポンと手渡してくれた。

マネージャーやスタッフのお給料をそれで支払い、なんとか事務所を再開することができました。けれどいざ仕事をしようにも、ヘアメイクやスタイリストさんを雇うお金がありませんでした。ミックスのクリスタルのヘアメイクは扱いが難しく、プロのヘアメイクさんでもできる人は限られてしまいます。ならば私が自分で娘のヘアメイクをすればいいと考えた。

ヘアメイクの道具を一式買いそろえ、衣装も私が選び、経費を浮かせることにした。やはりこれも母親だからできたことかもしれません」(次回に続く)

週刊女性2023年11月21日号

1 COMMENT

ミックスって~犬用語かと思ってた💦

母親~ 母親~って強調するけど💦 その資格あるのかな?
表に出ない、発言をしない裏方に徹した方が良いような気がするんだけど💦
もしくは、離れる💦

現在コメントは受け付けておりません。