窓の外を眺めながら…

私流❤️干し鱈・あさりカルクッス

カルクッス(칼국수)は韓国式うどん、手打うどんの生地を包丁(칼)で切ることからこのように言います。干し鱈の皮の残りがあったので、今日は干し鱈・あさりカルクッスを作っちゃいますね!材料は3人分です。

スープ①

①煮干し15本
②乾燥昆布2枚
③水1500cc

スープ②

①干したらをダシ袋に入れておきます。
②柔らかい干し鱈は細く切り水に漬けます。

調味料

①塩小1
②酒大1.5
③醤油大2
④おろしニンニク大1

具材

①うどん300g
②あさり
③ジャガイモ千切り
④玉ねぎスライス
⑤ズッキーニ千切り
⑥溶き卵2個
⑦青ネギみじん切り

作り方
①スープ①を先に作ります。鍋に水、乾燥昆布、煮干しを加え15分煮込みます。

ザルでこしておきます。

②スープ②のだし袋を3つ加え煮込むこと、5分。

柔らかい干し鱈は水に少し漬けます。

あさりも加え煮込みます。

途中、アクを取ります。

③うどんを茹でます。

④その間に野菜を切ります。玉ねぎスライス、ジャガイモ千切り、ズッキーニ

⑤鍋の中に調味料①②③④を加え味を整えてます。味見したら美味しい〜💕

⑥野菜3種類を加えます。

⑦茹でたうどんも加えます。

溶き卵も加えます。

⑧最後に干し鱈を加え、1分したら完成です。

⑨器にバランスよく、うどん、野菜、あさり、干し鱈、青ネギを添えたら完成です。

干し鱈・あさりのカルクッスの完成です。干し鱈・あさりのスープは文句なしのスープに仕上げています。

ソウル・南大門になるカルクッス専門店は24時間営業で、いつ行っても満席でした。ピビン麺とのセットで5000ウォン(500円)でした。その有名店に負けない칼국수に今回仕上げました。南大門の専門店はあさりや干し鱈、卵、野菜は入ってませんが、このカルクッスは絶品ですよ。御馳走様でした。

是非、干し鱈・あさりカルクッスをお試しあーれ!

6 COMMENTS

明太、良いですね~

명태とアサリでダシをとるんですね。味見しなくても「시원한 맛」が体験できそうです。今日でも作りたい気分(笑)。명태買ってこようかな~。

❤️

ミョンテね~
ミョンタ、と言う大事な大事な友達がいます。元気かな~😢

❤️

朝大の秀才はメンさん。
チュンゴゥの人格者はミョンタ。
ミョンテは美味しいやつ🐟

1+1=2じゃ無い(^^)

出汁のパラダイスや〜‼️
アサリ出汁だけでも美味しいのに、更に更に他の食材も加えた複合出汁のスープ絶対旨いに決まってます😋
店でこれやったら多分採算合わ無いでしょうね⁉️(^^)

これこそ、家庭料理の真骨頂(強み)ですね。余り物の乾物類も一緒に入れちゃえーって(笑)。コレやると、時々とんでもなく美味しい味に化ける事ある。👀まー、稀にその逆の事もあるけど。私も良くやる。(^^)

(想像)Mさん、もしかして?余りにも美味しくて、自分でもビックリ‼️してたりして😲(笑)

現在コメントは受け付けておりません。