紅葉の榛名富士をハイキング

榛名高原にそそり立つ富士山に似た山は「榛名富士(はるなふじ)」と呼ばれ、15の峰からなる榛名山の代表的な存在です。四季折々の表情を見せる榛名富士ですが、なかでも秋の季節には多くの方を魅了してやみません。

榛名富士のふもとに広がる「榛名湖」は、昨日登った赤城山の大沼と小沼と同じカルデラ湖です。美しい湖面には朝晩と榛名富士を映し出す「逆さ榛名富士」が眺められます。

榛名富士山頂へは「県立榛名湖ビジターセンター」横から始まる登山道を使います。山頂までの標準時間は約45分。出発前に登山口近くで用を足していくのがいいでしょう。

歩き出してすぐに笹原を縫って登っていきますが、山頂まで300m以上登る間に紅葉度合いがだんだん変わってきます。複雑な紅葉のグラデーションが榛名山の素晴らしいところ。

榛名富士山頂直下へはロープウェイが運行しています。手軽なアクセスとして利用することも、空中散歩として乗り込むのも名案ですよ。また登りが苦手な方は片道だけ利用することもいいいでしょう。

山頂駅にはトイレが用意されています。さらにそこから5分ほどの榛名富士山には榛名富士山神社の社が建っています。

下山は美しい紅葉の林を進むだけ!車道が見えたら下山終了です。休憩を入れても約2時間ほどで完結する、これほど楽なルートも珍しく、素敵な仲間や家族で安心して楽しめるのもメリットの一つですね。

日時:2020年10月20日 駐車場10:20出発→榛名富士山頂11:10(休憩)→12:10駐車場到着


帰りは大沢悠里さん推薦の大澤屋の水沢うどんを堪能しました。支払いはGOTO地域クーポンで。ごちそうさまでした。