「カルフォルニアの青い空」アルバート・ハモンド

アルバート・ハモンドはイギリス出身のアメリカンシンガー。1972年発売のこの曲では作詞作曲のみならずプロデュースもしています。当時ビルボード誌ではNO5にランクインするヒットとなりました。

「成功しようとカルフォルニアに来てはみたけれどそう甘くはなかった」と、明るめなテンポとは裏腹な内容の曲となっています。

「サタデー・イン・ザ・パーク」シカゴ 「愛は吐息のように」ベルリン
スポンサーリンク

3 COMMENTS

カリフォルニアってどこ?

へぇ~ この素晴らしい曲は、そんな意味だったんだねぇ~😞
少し切なくなっちゃうね~😢
でも動画では、楽しく踊っちゃってるし~💦 やっぱりアメリカ???
よく聴いてたなぁ~👂 意味も分からず~

ちょい補足

アルバート・ハモンド。私が好きな歌手&作曲家でもあります。
あのカーペンターズの「青春の輝き」を作曲したのアルバート・ハモンドでした。
https://chogo28.blog/song-i-need-to-be-in-love/
秋になったらもう一つ有名な曲をリクエストします。

東京の熱い空

中学生のころ日本ビクターのCD-4ステレオを買ってもらい夢中になりました。いまでは考えられないタタミ1畳分はあるほどの大型です。はじめて買ったシングル・レコード4枚のなかに「カリフォルニアの青い空」がありました。

現在コメントは受け付けておりません。