窓の外を眺めながら…

【投稿】エルメスのバッグ「バーキン」由来ジェーン・バーキンさん死去

歌手で俳優、そしてファッション・アイコンとして世界的に知られたジェーン・バーキンさんが16日、パリで亡くなった。76歳だった。

ロンドンで生まれ育ち、1970年代にフランスの映画や音楽でスターとなったバーキンさんは、フランスの音楽家セルジュ・ゲンズブールさんと公私にわたるパートナーとなり、ヒット曲「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」で世界的な名声を得た。

モデルとしても活躍したバーキンさんの名前を冠したエルメスの「バーキン」バッグは、1984年に製造開始となった。エールフランスのフライトでたまたま、当時のエルメスのCEO、ジャン=ルイ・デュマさんと隣り合わせの席になったバーキンさんが、持っていたバッグの中身をこぼしてしまったのがこのバック制作のきっかけだったという。

女性用の大きいバッグ、特に母親用の大きいバッグが見つからないのだとバーキンさんが不満を漏らすと、デュマCEOは「すぐさま、アスティカージュによる縁仕上げのフラップとサドルステッチが施された、しなやかで収納力があり長方形のフォルムの特別なバッグをスケッチしたのです。

しかもそのバッグには、「哺乳瓶のためのスペースもきちんと用意されていました」と、エルメスは自社サイトで説明している。

そんなエルメスのバッグの由来へとつながったジェーン・バーキンさん。ご冥福をお祈りする。

3 COMMENTS

デパートでも素通り💦

バーキン、エルメス~👀 まったく縁のない世界です💦
あっ、そう言えば、若い頃、奮発してスカーフを飲み屋の女性にプレゼントしたことある
でも、哺乳瓶を入れるほどの実用的なバーキンなのに、なんであんなに高いの?
👀玉 飛び出ちゃう💦

トートバック

エルメスのバック…。
私には縁がないかもしれない…(笑)

蝉しぐれ

スマスマに出演した時、あんな高いバックの扱いが乱暴で驚いた。
(@_@)
ご冥福をお祈りします。

現在コメントは受け付けておりません。