「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ

1983年リリースされたイギリスのバンド、カルチャー・クラブの大ヒット曲をリクエストします。

彼らは、ボーカルのボーイ・ジョージのキャラが強すぎることもあり、音楽面にあまり注目が集まらないんですよね。ですが実際は、ソウルやレゲエのエッセンスを取り入れた良質なポップスを作る「本格派」のミュージシャンなんですよ。

「恋はみずいろ」クロディーヌ・ロンジェ 「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」バックストリート・ボーイズ
スポンサーリンク

2 COMMENTS

化粧してみたいなぁ~👀

この歌、何度も聴いたことある~👍
こんな感じの歌手なんですね~👀 ちと、ひいちゃった~💦
でも、この歌は、動画のような内容なんですか?セレブの船上パーティーで、スリをやっつけるっ?🤦‍♂️ まぁ~ きまぐれだもんね~

コピペ

「カーマは気まぐれ」のビデオは1870年のミシシッピ州を舞台にしています。川辺のカラフルな衣装を着た人々の中に赤・金・緑の衣装をまとったダンサー達。その中でさらにカラフルで派手な衣装を着て歌っているボーイ・ジョージ。人々の間をスリがうろつき仕事をする。到着した船「カメレオン号」に人々は乗船し、船内ではトランプが始まけど、窓の外でボーイ・ジョージはまだ歌っている。スリは捕まり、舷側の板から落とされる。というストーリーだそうです。wikiから~

現在コメントは受け付けておりません。