【日常】口のまわりマッサージについて

口の周りにも多くのツボが集中しています。食物を身体に取り込むのは、口から始まります。唇・歯・舌などが健康であることは、身体の健康に最優先されます。口を大きく開いたり、唇をとがらしたり、歯をむき出しにするなど、口のまわりのツボを刺激しておくのは良いことです。唾液が多く分泌されれば、歯や歯ぐきの健康にも有効なのです。

①親指を除く4本の指をそろえて、指先を使って唇の上から、上下の歯・歯ぐきをトントンと3分間マッサージする。口の中に唾液がたまるが、吐き出さずにゆっくりと飲み込む。介護者が行う際には、強さを加減してください。

②人差し指の先で、鼻の真下で唇との中間の人中( じんちゅう )というツボを強めに、5秒押して1秒休む間隔で、3分間押し込む。介護者が行う際には、強さを加減してください。

③次に同じように指先で、唇の両端の地倉(ちそう)というツボを5秒押して1秒休む間隔で、3分間押し込む。介護者が行う際には、強さを加減してください。

④同じように指先で、唇の中央のすぐ下の承漿(しょうしょう)というツボを、5秒押して1秒休む間隔で、3分間押し込む。介護者が行う際には、強さを加減してください。

2 COMMENTS

あなたは豆腐を食べて歯茎から血が…

4本の指で歯茎の上をトントントンと…あれ?何これ?血🩸?
昔「リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?」ってコマーシャルがあったけど…まさかマッサージして血が出るって…💦
先ずは歯茎のマッサージから始めます。😱😱😱

本人🙌

出血の状況が分からないですが、少量なら心配ないと思います。出血が続いて痛むようならば、歯科に相談して下さいね。

現在コメントは受け付けておりません。