梅雨明けから本格的な夏へ

「エーデルワイス」サウンド・オブ・ミュージックから

映画「サウンド・オブ・ミュージック」は、ジュリー・アンドリュース主演による1965年のミュージカル映画でした。

映画の舞台はオーストリアのザルツブルク。1938年のドイツによるオーストリア併合を目前に控えた戦乱期。ドイツに併合され消えゆく祖国オーストリアを想い、オーストリアの軍人トラップ大佐が、オーストリアの象徴としてこの歌を哀しく歌うのでした。

この歌詞には、祖国オーストリアへの想い・願いが切々と歌いこまれています。

4 COMMENTS

No war

サウンド・オブ・ミュージック
大好きな映画のひとつです。なんども見ました。😢

英語の授業

学校で習ったなぁーこの歌。
覚えてる😄

男はつらいよ

イィネこの後ジュリーアンドリュースが🎵歌う、🧑‍🎓学生時代、ヤクザ映画からエロ映画👙とたくさん観たけどこの映画の感動🥺はけたちがい👌何故かこの歌を全部歌🎤える自分がイィネ😊

Meine Lieder, meine Träume

배국한先生が英語の時間に教えてくださいました。いい歌だとは思うけれど、なぜオーストリア人がドイツ語でなく英語で歌うのか疑問でした。米国で作られた映画だからしょうがないのだろうけれど違和感がありました。

現在コメントは受け付けておりません。