「パートタイム・ラヴァー」スティービ・ワンダー

パートタイム・ラヴァー」は、80年代のスティーヴィーの代表曲。全体的にサウンドがスッキリしていてビートも軽快なので、あまり構えず楽しんで聴けるのが魅力なんです!

「神々しさ」すら感じさせる70年代の傑作群も良いですが、こういう肩の力の抜けたポップスも違った良さがありますよね。歌詞はちょっと不倫を思わせる内容で、スパイさながらに人目を気にする男女の姿が描かれています。

スポンサーリンク

2 COMMENTS

天才~👌

元気が出るリズムですよね~♬ 
ついつい、♬たったったららら~♬ってなっちゃう~😂
天才スピーデイワンダーは、ほんとうに天才👍
このダンサー可愛いですね~😍 やっぱりそっちに👀が行っちゃう~😊
男のサガ🤦‍♂️

大好き

この歌、理屈抜きに好き。聞いてると体が軽くなる。

現在コメントは受け付けておりません。