初夏のうららかさを感じよう

安曇野からー(96)

今回も白馬の話。ちょっと降ったので様子をみに行ってきました。雪囲いを早いうちにやっておいてよかったです。

家の周りの雪をどかし車を置くスペースをつくっていると、ちょうど「あずさ」が通る時刻。撮影ポイントに雪穴をつくりうまくレンズが収まるようにして完成。汽笛が鳴りカメラを構えると雪穴がドサッと崩れた。ウデを突っ込み再び穴をあけたけど間に合わなかったぁ・・・

間の悪さっていうかダサイ自分がしばしおかしくて一人雪の中で笑ってしまったよ。

湧水群から始まる姫川は気温差によって川霧を生み、徐々に下流へと霧を流し込んでいきます。下校中の子供たちにとってはごく普通に観られる光景なのでしょう、私にはそれが本当に美しくて、しばらくその場を離れることが出来ませんでした。

校庭に星のカービィー、自分たちの足跡が邪魔にならないように丁重に描かれていました。

白馬は山も森も川も、そして街も人も真っ白な雪が本当によく似合います。

2 COMMENTS

白馬~馬の背~

まだまだ積雪が少ないですね~😉 10センチくらいですか?
でも、油断してるとドカ雪が降りますもんね~💦
北海道は大雪なので、そろそろ来ますかね~ 大雪⛄
雪の安曇野の写真も、楽しみにしてま~す😘 わくわく~

あずさ何号かな~

あ~あ。雪の中のあずさが……😁

現在コメントは受け付けておりません。