1枚のモノクロ写真ー“初めての尾瀬”

水芭蕉の咲く木道を元気な声で「おはようございます」と挨拶し歩きました。すれ違う登山客の方々も気持ちよく挨拶を返してくれましたが、私達の姿を見ては「あなた達その格好で来たの?」と驚きの表情。

そう、5月の尾瀬。私たちは薄手のジャンパーに普通の運動靴だったのです。登山靴などあるはすもなく雪道で水が染みて冷たかった。それでも楽しい思い出です。

写真の裏には「1974年5月 中3 야간행군 尾瀬」と書かれてます。私の初めての登山でした。未だに登山靴を持っていない私ですが、近い内に登山靴を揃えて高尾山に行ってみたいと思っています。

3 COMMENTS

紅玉

キャー❗️りんごちゃ〜ん🍎🌟変わらないね。

硬派にされた男

朝中は、中学3年の時に尾瀬に行かれたのですね。
自分は高3年秋の時が初めてでした。 良い思い出で残ってます。
「紅玉」さんが言う、りんごちゃん、自分もすぐわかりました。
あと前列中央は、「す」さんですよね。 要所ごとに良いコメントをされる。
因みに、金〇子さんが、りんごちゃんと呼ばれる、由来は何でしょうか?
自分も知っているつもりですが、当たっているのか…。

はい、正解です。
この写真を見た娘達、《オモニ全然変わらないね。中学の時から相当老けてたんだね。》う〜ん悔しいけど인정.

現在コメントは受け付けておりません。