窓の外を眺めながら…

「療養所(サナトリウム)」さだまさし

この曲を初めて耳にしたのは、自分がまだ20代の頃でした。
衝撃を受けたし、何度も聴いたので65歳を目前にした今もちゃんと歌えます。

優しさの塊の歌。
今の時代にもっとも大切で、忘れては行けないものが何か?をそっと教えてくれる名曲だと思います。
ちょっぴり切ないけど…

リクエストお願いします。

4 COMMENTS

真骨頂🎵

さだまさしの歌はどれも語るようなド直球🎵
情景が目に浮かぶような悲しさの中でも必ず優しさのオチがつき、安心出来る。
初めて聞くが、特にこの歌はそんなさだの真骨頂ですね。知らなかった歌、リクエストありがとう。

返信する
なんの療養をしてるのかな?

サナトリウムなんて💦 タイトルからして哀愁💦
歌詞をじっくり見てると、さみしいおばぁちゃんは登場するし~本人も後から唯一の見舞い客になろうとするし~
何か寂しするよ~ 療養所なんて~💦

返信する
良い歌ですね🎵

きっとサナトリウムに訪問して見聞きした事を歌にしたんでしょうね。良い歌ですね。
しかし知らない事も知らない歌もいっぱいあるな~。

返信する

コメントを残す